大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

天霧らひ日方吹くらし・・・巻第7-1231

訓読 >>>

天霧(あまぎ)らひ日方(ひかた)吹くらし水茎(みづくき)の岡(をか)の水門(みなと)に波立ちわたる

 

要旨 >>>

空一面に霧がかかってきて、東風が吹いているのか、岡の港に波が押し寄せてきた。

 

鑑賞 >>>

 「覊旅(きりょ)」の歌。巻第7には旅の歌が多くあり、なかでも舟旅の歌では、波の高さや風の強さ、あるいは海の難所に不安を抱いている歌が多くみられます。船の構造も頑丈ではなかったため、航路は海岸沿いに進むのがふつうだったようです。

 「天霧らひ」空一面に霧がかかって。「日方」は日の方から吹く風で、東南風とされますが、異説もあります。「水茎の」は瑞々しい茎が生えている意で「岡」の枕詞。「岡の水門」は福岡県の遠賀川河口の港で、良港だったといいます。

 

もみち葉の過ぎにし児らと・・・巻第9-1796~1799

訓読 >>>

1796
もみち葉の過ぎにし児らと携(たずさ)はり遊びし磯を見れば悲しも

1797
潮気(しおけ)立つ荒磯(ありそ)にはあれど行く水の過ぎにし妹(いも)が形見とそ来(こ)し

1798
古(いにしえ)に妹と我(わ)が見しぬばたまの黒牛潟(くろうしがた)を見れば寂(さぶ)しも

1799
玉津島(たまつしま)礒の浦廻(うらみ)の真砂(まなご)にもにほひて行かな妹(いも)も触れけむ

 

要旨 >>>

〈1796〉黄葉が散るように死んでしまった妻と、手を取り合って遊んだことのある磯を見ると悲しくなってくる。

〈1797〉潮煙が立つほどの荒磯だけれど、流れる水のように死んでしまったあなたを思い出す土地と思ってやって来た。

〈1798〉昔、私はあなたと二人して見に来たことのある黒牛潟に来たけれど、一人で見るのは寂しくてならない。

〈1799〉玉津島の磯の浦辺の白砂、この白砂にたっぷり染まって行きたい。亡くなったあなたも触れたであろうから。

 

鑑賞 >>>

 題詞に「紀伊の国にして作る歌」とある4首で、かつて妻と共に楽しく過ごした思い出の地に、妻が亡くなった後に一人でやって来て詠んだ歌です。

 1796の「もみち葉の」は「過ぎ」の枕詞。1797の「行く水の」は「過ぎ」の枕詞。「過ぐ」は死ぬことを意味します。1798の「黒牛潟」は、和歌山県海南市の黒江湾のこと。黒牛に似た大石が潮の干満によって見え隠れしていました。1799の「玉津島」は和歌山市和歌浦玉津島神社の後方の山々。当時は島でした。「にほひて」は美しい色にして。「行かな」の「な」は願望。

 

橘の寺の長屋に我が率寝し・・・巻第16-3822

訓読 >>>

橘(たちばな)の寺の長屋(ながや)に我(わ)が率寝(ゐね)し童女放髪(うなゐはなり)は髪(かみ)上げつらむか

 

要旨 >>>

橘寺の僧坊長屋に私が連れ込んで寝たおかっぱ頭の少女は、もう一人前の女になって、髪を結い上げたであろうか。

 

鑑賞 >>>

 「古歌に曰はく」とある歌。「橘の寺」は明日香にあった橘寺のことで、聖徳太子建立の七ケ寺の一つとされます。「長屋」は僧坊長屋で、寺の奴婢などの住居。「童女放髪」は肩のあたりで切ったお下げ髪。「髪上げ」は成人した女が、垂らした髪を結い上げること。要は、「昔、俺が連れ込んでヤッちゃった少女は、もう大人になっただろうか」という、まことにもってケシカランことを言っている歌です。

 なお、この歌の左注に椎野連長年(しいののむらじながとし:伝未詳)による解説があり、そもそも寺の建物は俗人の寝られるところではない、また、成人した女を「放髪」というのであって、第4句で放髪と言い、結句で重ねて成人をあらわす語を言うのでは意味が通らないとしています。そして、正しくは、

橘の照れる長屋に我が率寝し童女 放髪に髪上げつらむか(3823)

だと定めています。「橘の寺の長屋」を、橘寺ではなく橘が照り映える長屋とし、「童女放髪」を2語と見て改めていますが、これは曲解による改悪であるとする見方があります。そもそも僧坊と少女という、あってはならない取り合わせだからこそ刺激的であり、歌に生彩が与えられているのであって、長年が修正した歌では、面白味が全く消滅しています。しかも、元歌には「橘の寺」と明示しているのです。

 

藤波の影なす海の・・・巻第19-4199~4202

訓読 >>>

4199
藤波(ふぢなみ)の影(かげ)なす海の底(そこ)清み沈(しづ)く石をも玉とぞ我(わ)が見る

4200
多祜の浦の底さへにほふ藤波をかざして行かむ見ぬ人のため

4201
いささかに思ひて来(こ)しを多祜の浦に咲ける藤見て一夜(ひとよ)経(へ)ぬべし

4202
藤波を仮廬(かりほ)に造り浦廻(うらみ)する人とは知らに海人(あま)とか見らむ

 

要旨 >>>

〈4199〉藤の花が影を成して映っている海の底が清らかなので、沈んでいる石まで、真珠であるかのように見える。

〈4200〉多胡の浦の底まで映し出す波打つ藤、この花を髪にかざしていこう。まだ見たことのない人のために。

〈4201〉さほどでもあるまいと思ってやって来たが、多胡の浦に咲く藤に見ほれて、一晩過ごしてしまいそうだ。

〈4202〉藤の花で飾って仮小屋にして浦巡りしているだけなのに、それとも知らずに、人は私たちを土地の漁師と見るだろうか。

 

鑑賞 >>>

 天平勝宝2年(750年)4月12日、大伴家持は、越中国庁の部下の役人たちと布勢(ふせ)の湖(氷見市南部にあった湖)に遊覧し、多祜(たこ)の入江に船を停泊して藤の花を見学しました。家持が越中守として赴任したのは27歳のとき。この年は31歳になっていましたが、都を出て異郷の風物に接した彼は、大いに詩魂をゆさぶられたようで、生涯で最も多くの歌を詠んだのはこの時期にあたります。

 なかでも布勢の湖の景観は家持のお気に入りだったらしく、都から来た客もわざわざ案内しているほどです。湖の一角にある多祜の浦の岸辺には藤の花が多く咲いていたらしく、ここの歌は藤の花を見てそれぞれが作った歌です。4199が家持の歌、4200が次官の内蔵忌寸縄麻呂(くらのいみきなわまろ)の歌、4201が判官の久米朝臣広縄(くめのあそみひろなわ)の歌、4202が判官の久米朝臣広縄(くめのあそみひろなわ)の歌。

 現代の私たちは、多祜の浦の風景をこれらの歌から想像するしかありませんが、久米広縄の歌では「さほど期待はしていなかったのに・・・」と言いつつ、その美しさに大いに感動したようすがうかがえます。

 

東歌(10)・・・巻第14-3577

訓読 >>>

愛(かな)し妹(いも)をいづち行かめと山菅(やますげ)の背向(そがひ)に寝(ね)しく今し悔(くや)しも

 

要旨 >>>

愛しい妻が死んでしまうとは思わないで、山菅の葉のように背を向け合って寝たことが、今となっては悔やまれてならない。

 

鑑賞 >>>

 「山菅の」は「背向」の枕詞。「背向」は背中合わせ。「今し悔しも」の「し」は強意で、今は残念なことだ。妻を亡くした夫の悲しみの歌で、ささいなことでケンカした夜のことを思い出して悔やんでいます。

 なお、この歌は、巻第7-1412にある「吾が背子を何処行かめとさき竹の背向に宿しく今し悔しも」によったもので、いささか内容を変えて自身の歌にしています。別伝とある歌はたいていこのようなものです。

 

落ち激ち流るる水の・・・巻第9-1713~1714

訓読 >>>

1713
滝の上の三船(みふね)の山ゆ秋津(あきつ)べに来鳴きわたるは誰呼子鳥(たれよぶこどり)

1714
落ち激(たぎ)ち流るる水の磐(いは)に触(ふ)り淀(よど)める淀に月の影(かげ)見ゆ

 

要旨 >>>

〈1713〉吉野川の滝の上にそびえる御船山から、秋津野にかけて鳴き渡ってくるのは、誰を呼んでいる呼子鳥なのか。

〈1714〉勢いよくたぎって流れてきた水が、巌石に突き当たって淀んでいる。その淀みに月影が映っている。

 

鑑賞 >>>

 題詞に「吉野離宮行幸の歌」とある作者未詳歌で、養老7年(723年)の元正天皇行幸の時の歌ではないかとされます。1713の「三船の山」は吉野離宮の上流にある山。「秋津辺」は離宮のある秋津野の辺り。「誰呼子鳥」は誰を呼ぶ呼子鳥かで、呼子鳥は今のカッコウ

 1714は水面の月光を見ている光景で、ほとばしる水勢の烈しさから、岩陰に淀む水面の静けさへとなだらかに移行させ、とても印象明瞭な歌になっています。賀茂真淵は、これら2首の風格からして、人麻呂の作ではなかろうかと言っており、斎藤茂吉もこの歌を秀歌の一つに掲げています。

 

君なくはなぞ身 装はむ・・・巻第9-1776~1777

訓読 >>>

1776
絶等寸(たゆらき)の山の峰(をのへ)の上の桜花咲かむ春へは君し偲(しの)はむ

1777
君なくはなぞ身 装(よそ)はむ櫛笥(くしげ)なる黄楊(つげ)の小櫛(をぐし)も取らむとも思はず

 

要旨 >>>

〈1766〉たゆらきの山の頂の桜が咲く春になったら、あなた様をお偲びいたしましょう。

〈1777〉あなた様がいらっしゃらなければ、どうして私は身を飾り立てましょうか、化粧箱の黄楊の櫛さえ取ろうと思いません。

 

鑑賞 >>>

 播磨娘子(はりまのをとめ)の歌2首。播磨娘子は播磨国の遊行女婦(うかれめ)かといいますが、伝未詳です。ここの歌は、石川君子(いしかわのきみこ)が播磨国守の任を解かれて帰京する時に詠んだ惜別の歌です。石川君子は716年に播磨守となり、720年10月、兵部大輔に遷任されて帰京しました。『播磨風土記』の編纂に携わったのではないかといわれ、また、神亀天平年間初頭に聖武天皇に仕えた「風流侍従」10余人のうちの一人に比定されている人です。

 1776の「たゆらきの山」は播磨国府に近い山とされますが、所在不明。国府は今の姫路の東方にありました。お別れしたら、それきり思い出してもらえないだろうとの嘆きを、共に見たことのある国府付近の春の桜に寄せてうたっています。1777の「櫛笥」は女性用の化粧箱。「小櫛」の「小」は美称。

 遊行女婦は、官人たちの宴席で接待役として周旋し、華やぎを添えた女性のことです。とくに、任期を終え都へ戻る官人のために催された餞筵(せんえん)で、彼女たちのうたった別離の歌には、秀歌が多くあります。その生業として官人たちの枕辺にもあって、無聊をかこつ彼らの慰みにもなりました。しかし、そうした一面だけで遊行女婦を語ることはできないようです。彼女たちは、「言ひ継ぎ」うたい継いでいく芸謡の人たちでもありました。