大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

平群女郎が大伴家持に贈った歌(1)・・・巻第17-3931~3936

訓読 >>>

3931
君により我が名はすでに龍田山(たつたやま)絶えたる恋の繁(しげ)きころかも

3932
須磨人(すまひと)の海辺(うみへ)常(つね)去らず焼く塩の辛(から)き恋をも我(あ)れはするかも

3933
ありさりて後(のち)も逢(あ)はむと思へこそ露(つゆ)の命(いのち)も継(つ)ぎつつ渡れ

3934
なかなかに死なば安(やす)けむ君が目を見ず久(ひさ)ならばすべなかるべし

3935
隠(こも)り沼(ぬ)の下(した)ゆ恋ひあまり白波(しらなみ)のいちしろく出でぬ人の知るべく

3936
草枕(くさまくら)旅にしばしばかくのみや君を遣(や)りつつ我(あ)が恋ひ居(を)らむ

 

要旨 >>>

〈3931〉あなたとの浮き名はすでに立ってしまいました。絶えてしまった恋への思いが近ごろしきりにつのります。

〈3932〉須磨の海人がいつも海岸で焼く塩のような、そんな辛い恋を私はしています。

〈3933〉このまま生き永らえて、後も逢おうと思うからこそ、露のようなはかないこの命をつないで暮らしています。

〈3934〉かえって死んでしまえば楽でしょう。あなたの姿を見ずに久しくなれば、やるせないことでしょう。

〈3935〉隠り沼のように心密かに恋い焦がれていのに、白い波のようにはっきりと顔に出てしまいました。世間の人が知ってしまうほどに。

〈3936〉旅にしばしば出て行かれるあなたを、これから先も私は、こうして見送りながら、恋い焦がれていなければならないのでしょうか。

 

鑑賞 >>>

 越中国守として赴任した大伴家持に対し、京に住む平群女郎(へぐりのいらつめ:伝未詳)から、後を追うように複数回にわたり贈られた歌12首のうちの6首。この時期、坂上大嬢のほか、複数の女性との関係があったことが窺えます。歌の内容から見ると、家持が聖武天皇に従って恭仁京などを転々としていた時期の終わりごろに、二人は親密になり、家持が越中に赴任するまでの、それほど長くない期間、恋仲だったらしく思われます。巻第17になってはじめて登場し、家持に恋歌を贈っている女性たちの中では、笠郎女に次いで、その歌の数が多くなっています。

 3931の「龍田山」は、奈良県生駒郡三郷町大阪府柏原市の間の山々の古名。「浮き名が立つ」と「恋を絶つ」との掛詞になっています。3932の上3句は「辛き」を導く序詞。下2句は慣用句。3933の「ありさりて」は「ありしありて」の約で、生き永らえて。3934の「なかなかに」は、かえって、むしろ。3935の「隠り沼の」「白波の」は、それぞれ「下」「いちしろく」の枕詞。「いちしろく」は、はっきりと。巻第12-3023と同じで、 古歌を借りて自らの思いを打ち明けています。3936の「草枕」は「旅」の枕詞。「旅にしばしば」は、家持が恭仁、難波、越中へと移動が続いていること。

 

忘れ草我が下紐に付けたれど・・・巻第4-727~728

訓読 >>>

727
忘れ草 我(わ)が下紐(したひも)に付けたれど醜(しこ)の醜草(しこくさ)言(こと)にしありけり

728
人もなき国もあらぬか我妹子(わぎもこ)とたづさはり行きて副(たぐ)ひて居(を)らむ

 

要旨 >>>

〈727〉苦しみを忘れるために、忘れ草を着物の下紐につけていたけれど、役立たずのろくでなしの草だ、名ばかりであった。

〈728〉邪魔者のいない所はないものか。あなたと手を取り合って行き、二人一緒にいたいものだ。

 

鑑賞 >>>

 大伴家持が、後に彼の正妻となる大伴坂上大嬢(おおとものさかのうえのおおいらつめ)に贈った歌。この歌は、二人が離絶してから数年後に再会して詠んだ歌とされます。離絶した理由ははっきりしませんが、当時の結婚には娘の母親が絶対の権力をもっていましたから、坂上郎女が関係していたか、あるいは、大嬢がまだ10歳ほどだったため、家持の心が動かず、そのまま時を経て(8年前後か)ここに再会し、よりを戻したということも考えられます。もっとも、その間、家持は別の女性を妾として迎え、子をなしたものの、その妾を亡くしています(巻第3-462ほか)。

 727の「忘れ草」は、ユリ科の一種ヤブカンゾウにあたり、『和名抄』に「一名、忘憂」とあり、身につけると憂いを忘れるという俗信がありました。これは『文選』などにみられる中国伝来のもののようです。「あなたを忘れるために忘れ草をつけたけれど、効果がなく忘れられなかった」と言っています。「醜の」は、醜いものや不快なものを罵る意の語で、「醜の醜草」と、それを重ねることによって意味を強めています。「言にし」の「し」は強意。

 728は、数年を隔てて再会できたというものの、その逢い方はさまざまな妨げがあって自由ではなかったのでしょう。他の女性に対した時のものに比べて、強い熱意を帯びている歌になっています。「国」は、ここでは狭い範囲に用いており、「所」にあたります。「副ひて居らむ」は、並んで一緒にいよう。

 

山の際に渡る秋沙の・・・巻第7-1122~1124

訓読 >>>

1122
山の際(ま)に渡る秋沙(あきさ)の行きて居(ゐ)むその川の瀬に波立つなゆめ

1123
佐保川(さほがは)の清き川原に鳴く千鳥(ちどり)かはづと二つ忘れかねつも

1124
佐保川に騒(さは)ける千鳥さ夜(よ)更けて汝(な)が声聞けば寝(い)ねかてなくに

 

要旨 >>>

〈1122〉山あいを鳴き渡る秋沙鴨が飛んで行って降り立つのだろう。その川瀬に波よ立つな、決して。

〈1123〉佐保川の清らかな川原に鳴く千鳥、そしてカジカガエルの鳴く声は、どちらも忘れられない。

〈1124〉佐保川で飛び跳ねている千鳥よ、夜も更けてきてお前が妻を呼んで鳴く声を聞いたら、寝ようにも寝られない。

 

鑑賞 >>>

 「鳥を詠む」、作者未詳歌。1122の「秋沙」は鴨の一種で、秋に来て春に去る渡り鳥。。1123の「佐保川」は、春日山に発し奈良市北部を西へ流れ、やがて南流し大和川へ注ぐ川。「かはづ」は、カジカガエル。1124の「騒ける千鳥」は、原文では「小驟千鳥」となっており、「小驟」の訓みが定まらず、「をさどる」「さばしる」などとも訓まれます。

 

 

当ブログ制作にあたっての参考文献

NHK日めくり万葉集』~講談社
『NHK100分de名著ブックス万葉集』~佐佐木幸綱/NHK出版
大伴家持』~藤井一二/中公新書
『古代史で楽しむ万葉集』~中西進/KADOKAWA
『誤読された万葉集』~古橋信孝/新潮社
『新版 万葉集(一~四)』~伊藤博/KADOKAWA
田辺聖子の万葉散歩』~田辺聖子/中央公論新社
超訳 万葉集』~植田裕子/三交社
『日本の古典を読む 万葉集』~小島憲之/小学館
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』~小名木善行/徳間書店
『万葉秀歌』~斎藤茂吉/岩波書店
『万葉秀歌鑑賞』~山本憲吉/飯塚書店
万葉集講義』~上野誠/中央公論新社
万葉集と日本の夜明け』~半藤一利/PHP研究所
萬葉集に歴史を読む』~森浩一/筑摩書房
万葉集のこころ 日本語のこころ』~渡部昇一/ワック
万葉集の詩性』~中西進/KADOKAWA
万葉集評釈』~窪田空穂/東京堂出版
『万葉樵話』~多田一臣/筑摩書房
『万葉の旅人』~清原和義/学生社
『万葉ポピュリズムを斬る』~品田悦一/講談社
『私の万葉集(一~五)』~大岡信/講談社

ぬばたまの夜さり来れば・・・巻第7-1101

訓読 >>>

ぬばたまの夜さり来れば巻向(まきむく)の川音(かはと)高しも嵐(あらし)かも疾(と)き

 

要旨 >>>

暗闇の夜がやってくると、巻向川の川音が高くなった。嵐が来ているのだろうか。

 

鑑賞 >>>

 『柿本人麻呂歌集』から1首。「ぬばたまの」は「夜」の枕詞。「巻向川」は、巻向山から三輪山の北を西流し、初瀬川にそそぐ川。「嵐かも」の「かも」は、疑問の係助詞。「嵐」の原文は「荒足」で、「荒」は、本来は、始原的で霊力が強く発動している状態をあらわす言葉とされ、そういった意味がここにも感じ取られています。

 この歌について斎藤茂吉は「無理なくありのままに歌われているが、無理がないといっても、『ぬばたまの夜さるくれば』が一段、『巻向の川音高しも』が一段、共に伸々とした調べであるが、結句の『嵐かも疾き』は、強く緊(し)まって、厳密とでもいうべき語句である」と言い、「人麿を彷彿せしむるものである」とも言っています。

 

大海に島もあらなくに・・・巻第7-1089

訓読 >>>

大海(おほうみ)に島もあらなくに海原(うなばら)のたゆたふ波に立てる白雲(しらくも)

 

要旨 >>>

大海には島一つ見えないことよ、そして漂う波の上には白雲が立っている。

 

鑑賞 >>>

 伊勢従駕の折の、作者未詳歌。「大海に島もあらなくに」の「に」は、詠嘆。島もないことよ。「たゆたふ」は、揺れて定まらないさま、漂う。大和国にばかり住んでいて、雲といえば山に立つものと思っていた人の最初の驚異だったようです。斎藤茂吉はこの歌について、「調子に流動的に大きいところがあって、藤原期の人麿の歌などに感ずると同じような感じを覚える。ウナバラノ・タユタフ・ナミニあたりに、明らかにその特色が見えている。普通従駕の人でなおこの調べをなす人がいたというのは、まことに尊敬すべきことである」と述べています。

 

春日山おして照らせるこの月は・・・巻第7-1074

訓読 >>>

春日山(かすがやま)おして照らせるこの月は妹(いも)が庭にも清(さや)けかりけり

 

要旨 >>>

春日山の一面に照り渡っているこの月は、私の恋人の庭にもさやかに照っていることだよ。

 

鑑賞 >>>

 「月を詠む歌」、作者未詳。「春日山」は、奈良市東部にある山。「おして」は、光が上から押すように強く照らしているさま。一帯を照らす月明かりの中、愛しい女の家にやって来たら、その庭にも月の光がさやかに差し込んでいた、その感慨を詠んだ歌です。女の家は、春日山の裾、春日野のあたりにあったようです。

 

海原の道遠みかも・・・巻第7-1075

訓読 >>>

海原(うなはら)の道(みち)遠(とほ)みかも月読(つくよみ)の明(あかり)少なき夜(よ)は更けにつつ

 

要旨 >>>

海原を渡ってくる道が遠いせいか、月の光が少ししか届かない。夜はもう更けてきたというのに。

 

鑑賞 >>>

 「月を詠む歌」、作者未詳。「遠み」は、遠いので。「かも」は疑問。「月読」は、月を神格化した表現。月が遠い海原を渡ってこの国土にやって来るというのは、月は海のものとする上代からの信仰にもとづく表現です。曇ってもいないのに月の光が少ないのであれば、それは潮気のせいでしょうか。