大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

浦島太郎伝説・・・巻第9-1740

訓読 >>>

春の日の 霞める時に 墨吉(すみのえ)の 岸に出でゐて 釣船の とをらふ見れば 古(いにしへ)の 事ぞ思ほゆる 水江(みづのえ)の 浦の島子が 堅魚(かつを)釣り 鯛(たひ)釣り矜(ほこ)り 七日まで 家にも来ずて 海界(うなさか)を 過ぎて漕ぎ行くに 海若(わたつみ)の 神の女(をとめ)に たまさかに い漕ぎ向ひ 相とぶらひ こと成りしかば かき結び 常世に至り 海若の 神の宮の 内の重(へ)の妙(たへ)なる殿に 携はり 二人入り居て 老いもせず 死にもせずして 永き世に ありけるものを 世の中の愚人(おろかひと)の 吾妹子(わぎもこ)に 告(の)りて語らく 須臾(しましく)は 家に帰りて 父母に 事も告(かた)らひ 明日のごと われは来なむと 言ひければ 妹が言へらく 常世辺(とこよへ)に また帰り来て 今のごと 逢はむとならば このくしげ 開くな勤(ゆめ)と そこらくに 堅めし言(こと)を 墨吉に 還り来(きた)りて 家見れど 家も見かねて 里見れど 里も見かねて あやしみと そこに思はく 家ゆ出でて 三歳(みとせ)の間に 垣も無く 家滅(う)せめやと この箱を 開きて見てば もとの如(ごと) 家はあらむと 玉くしげ 少し開くに 白雲の 箱より出でて 常世辺に たなびきぬれば 立ち走り 叫び袖振り 反側(こいまろ)び 足ずりしつつ たちまちに 情(こころ)消失(けう)せぬ 若かりし 膚(はだ)も皺(しわ)みぬ 黒かりし 髪も白けぬ ゆなゆなは 気(いき)さへ絶えて 後(のち)つひに 命死にける 水江の 浦の島子が 家地(いへどころ)見ゆ

 

要旨 >>>

 水江の浦の島子が、魚釣りに夢中になり、何日も家に帰らず、海をどんどん漕ぎ進んでいくと、海の神の姫に偶然出会った。互いに見初め合い、結婚の約束をし、不老不死の国へ行き、海の神の宮殿の奥にあるすばらしい御殿に、二人で手を取り合って入り、年も取らず、死にもしないで長い間暮らしていた。ところが、愚かな浦の島子は、姫に告げて、しばらくわが家に帰り、父母に事の次第を打ち明けて、すぐ明日にも戻ってこようと言った、姫は、この国にまたお帰りになって、今のように私に逢うとおっしゃるのでしたら、この櫛笥(くしげ:櫛や化粧の道具を入れておく箱)を絶対に開いてはなりませんと言って手渡し、堅く堅く約束して送り出した。

 浦の島子は墨吉に帰ってきて、我が家を捜したが見つからない、里を捜しても見つからない、そこで思ったのは、家を出て三年しか経っていないのに、垣根も家もなくなるなどということがあろうか、この櫛笥を開いてみたなら、元の通りわが家が現れるだろうと、櫛笥を少し明けてみた。すると、白い雲が箱の中から立ちのぼり、不老不死の国へたなびいて流れた。浦の島子は飛び上がって走り回り、叫んで転げ回り、地団太を踏んで嘆き悲しんでいるうち、急に気を失ってしまった。そして、若かった肌もシワだらけとなり、黒かった髪の毛も真っ白になってしまった。その後に息まで絶えて、とうとう死んでしまった。

 

鑑賞 >>>

 誰もが知っている浦島太郎の伝説の最も古いものの一つです。作者は高橋虫麻呂とされますが、異説もあります。奈良時代初期の歌人・虫麻呂には各地の伝説に材をとった作品が多くあり、伝説の歌人として知られます。

 高橋虫麻呂による浦島伝説の歌には、亀は登場しません。中心となって詠われるのは、約束を破り、不老不死の国に帰れなくなった浦島の愚かさです。

 浦島伝説は日本の各地域に見られ、最も古いのは『日本書紀』雄略記です。そこには、大亀を捕えたところ女になり、妻にして供に蓬莱山に行くとあります。また、『丹後国風土記逸文』では、三日三晩、何も釣れなかった浦島が五色の亀を釣り、それが美しい女となったとあります。女は亀比売(かめひめ)という神女で、浦島を海の中の蓬莱山に連れて行きます。楽しく過ごしているうちに里心がつき、家に戻るとすでに300年を過ぎていました。箱を開けても死なない浦島は、亀比売と歌を交わします。

 いずれも名称や設定が異なり、報恩の要素もなく、行き先は「龍宮」ではなく「蓬莱(とこよのくに)」になっています。また、これらのほかに見られる伝承の中には、浦島の名が出ない類話もあります。室町時代の「御伽草子」になると、亀の恩返しのストーリーと竜宮城が現れ、浦島は最後に鶴になるのです。

 現代の私たちが知っている浦島太郎の御伽話は、明治から昭和にかけての国定教科書に載っていた内容に近いものです。これは童話作家の巖谷小波が1896年に発表した『日本昔噺』で紹介された話に手を加えて短縮し、さらに玉手箱を開けて老人になってしまうことで、約束を破ると悪いことが起こるという教訓を加えたものだとされます。

 

f:id:yukoyuko1919:20211228050038j:plain