大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

東歌(1)・・・巻第14-3398~3400

訓読 >>>

3398
人皆(ひとみな)の言(こと)は絶ゆとも埴科(はにしな)の石井の手児(てご)が言な絶えそね

3399
信濃道(しなぬぢ)は今の墾(は)り道 刈りばねに足踏ましなむ沓(くつ)はけ我(わ)が背

3400
信濃(しなぬ)なる千曲(ちくま)の川のさざれ石も君し踏みてば玉と拾はむ

 

要旨 >>>

〈3398〉世の人の消息や噂が絶えることはあっても、埴科の石井の乙女の消息だけは絶えないでほしいものだ。

〈3399〉信濃道(しなのぢ)は切り拓いたばかりの道です。きっと切り株をお踏みになるでしょう。靴を履いてお越しになって下さい、あなた。

〈3400〉信濃を流れる千曲川の小石でも、あの方が踏んだ石なら玉と思って拾いましょう。

 

鑑賞 >>>

 巻第14は「東国(あづまのくに)」で詠まれた作者名不詳の歌が収められており、巻第13の長歌集と対をなしています。国名のわかる歌とわからない歌に大別し、それぞれを部立ごとに分類しています。当時の都びとが考えていた東国とは、おおよそ富士川信濃川を結んだ以東、すなわち、遠江駿河・伊豆・相模・武蔵・上総・下総・常陸信濃・上野・下野・陸奥の国々をさしています。『万葉集』に収録された東歌には作者名のある歌は一つもなく、また多くの東国の方言や訛りが含まれています。

 もっともこれらの歌は東国の民衆の生の声と見ることには疑問が持たれており、すべての歌が完全な短歌形式(五七五七七)であり、音仮名表記で整理されたあとが窺えることや、方言が実態を直接に反映していないとみられることなどから、中央側が何らかの手を加えて収録したものと見られています。また、東歌を集めた巻第14があえて特立しているのも、朝廷の威力が東国にまで及んでいることを示すためだったとされます。

 上掲の3首は いずれも信濃の国(長野県)の歌です。3398の「埴科」は信濃の郡名。「手児」はかわいい乙女の意で「石井の手児」は伝説の美女ではないかとされます。
 3399の「信濃道」は信濃へ行く道。「今の墾り道」は、新しく切り開いて造った道という意味です。大宝2年(702年)から10余年かかって開通した道で、道が完成して間もないころの歌とみられます。このころの一般庶民は裸足で、沓(くつ)は正式なものは革製でしたが、ふつうは布や藁(わら)などで作られました。ここの「沓」はわらじを指しているものと思われます。

 3400の「千曲の川」は千曲川。長野県南佐久郡に流れを発し、長野市犀川で合流し、新潟県に入ると信濃川と呼ばれます。恋人を偲ぶよすがとなるものだったら、小石でさえ愛しく思う女性のいじらしい心理が歌われています。田辺聖子さんは、この「君し踏みてば玉と拾はむ」の句について、「どうしてこういう詩が古代びとの唇から、いともやすやすとこぼれおちるのか。その言葉こそ、片言節句、珠ではないか」との評を寄せています。

 

f:id:yukoyuko1919:20220108040227j:plain