大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

瓜食めば子ども思ほゆ・・・巻第5-802~803

訓読 >>>

802
瓜(うり)食(は)めば 子ども思ほゆ 栗(くり)食めば まして偲(しぬ)はゆ 何処(いづく)より 来(きた)りしものぞ 眼交(まなかひ)に もとな懸りて 安眠(やすい)し寝(な)さぬ

803
銀(しろがね)も金(くがね)も玉も何せむに勝れる宝子に及(し)かめやも

 

要旨 >>>

〈802〉瓜を食べると子どもが思い出される。栗を食べるとまして偲ばれる。いったいどこからわが子として生まれてきたのか。目の前にしきりに面影がちらついて、ぐっすり眠らせてくれない。

〈803〉銀も黄金も玉も、いったい何になるというのか、そんな勝れた宝でさえ、子どもに及ぶものがあろうか。

 

鑑賞 >>>

 山上憶良が、離れて暮らす子どもらを思い詠んだ長歌反歌です。この歌の前には、次の意の序文が付いています。

「釈迦如来がその貴いお口で正に説かれたのには、『等しくあらゆる生き物をいつくしみ思うことは、わが子を思うのと同じである』。また、『愛は子に対する愛に勝るものはない』ともおっしゃった。この上ない大聖人ですらわが子を愛する心がある。まして世の中の人々のなかに、誰が子を愛さない者があろうか」

 作者の山上憶良(660~733年)は、百済からの渡来人であり、藤原京時代から奈良時代中期に活躍しました。漢文学や仏教の豊かな教養をもとに、貧・老・病・死、人生の苦悩や社会の矛盾を主題にしながら、下層階級へ温かいまなざしを向けた歌を残しています。

 

f:id:yukoyuko1919:20220116194108j:plain