大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

あの娘が踏む土になりたい!・・・巻第11-2693

訓読 >>>

かくばかり恋ひつつあらずは朝に日(け)に妹(いも)が踏むらむ地にあらましを

 

要旨 >>>

これほどに恋し続けるくらいなら、朝も昼も、あの娘が踏んでいる土になったほうがましだよ。

 

鑑賞 >>>

 恋わずらいに苦しむ男の歌です。どうにもこうにも彼の思いは遂げられそうもないようで、もし好きなあの娘(こ)に触れることができるのなら、たとえあの娘が踏む土になったって構わない、と言っています。健気な男の心の叫びといえなくもありませんが、やや危ない感じもしないではありません。そういえば学生時代に耳にしたのが、誰かが「好きな子の自転車のサドルになりたい」と言ったとか言わないとか・・・。

 

f:id:yukoyuko1919:20220122080509j:plain