大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

おのれゆゑ罵らえて居れば・・・巻第12-3098

訓読 >>>

おのれ故(ゆゑ)罵(の)らえて居(を)れば青馬(あおうま)の面高(おもたか)夫駄(ぶだ)に乗りて来(く)べしや

 

要旨 >>>

あんたのせいで叱られている折も折、人目につく白い面長の馬に乗って、よくも堂々と訪ねて来れたものですね。

 

鑑賞 >>>

 女が、男との交際を保護者から叱責されている最中に、タイミング悪く男がやって来た。それも人目につく白い馬で堂々と。ふつう恋人のもとへそっと訪れる男は、目立たないように黒や栗毛の馬に乗るのに、なんという無神経さ。女の怒りはすさまじく、相手を「君」とか「わが背子」と言わずに「おのれ」と言っています。

 そういえばいつだったか、電車の中で若いカップルが口論しているのに出会ったことがあります。耳をそばだてて聞いていましたら、女の子が相手の男に向かって「おのれがナントカ、カントカ・・・」と、えらい剣幕で責め立てています。古今、女が男に対して怒り心頭に発したときは「おのれ」と言うようです。

 なお、歌中の「面高」は、面長の意味とするほか、顔がごつごつしている、あるいは顔を高く上げたさまとする説があります。「夫駄」は夫役に使う荷馬のことで、この言葉も、相手をののしっていうときに使われるようです。

 

f:id:yukoyuko1919:20220210105920j:plain