大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

み吉野の吉野の宮は・・・巻第3-315~316

訓読 >>>

315
み吉野の 吉野の宮は 山からし 貴くあらし 川からし さやけくあらし 天地(あめつち)と 長く久しく 万代(よろづよ)に 変はらずあらむ 幸(いでま)しの宮

316
昔見し象(きさ)の小川を今見ればいよよさやけくなりにけるかも

 

要旨 >>>

〈315〉美しい吉野の宮は、山そのものがよくて貴い。川そのものがよくて清らかだ。天地とともに永く久しく万代に変らずあってほしい、天皇がお出かけになる吉野宮よ。

〈316〉昔見た象の小川を今再び見ると、ますます冴え冴えと美しくなった。

 

鑑賞 >>>

 聖武天皇が吉野の離宮行幸なさった時、天皇の仰せを受けて大伴旅人(おおとものたびと)が作った長歌反歌です。「象の小川」は、吉野を流れる現在の貴佐谷川です。

 大伴旅人安麻呂(やすまろ)の子で、家持の父、同じく万葉歌人大伴坂上郎女(さかのうえのいらつめ)は妹にあたります。大伴氏は、新興の藤原氏と比べても、古くから政治の中枢にいた名門の豪族であり、旅人は710年に左将軍正五位上、718年に中納言、720年に征隼人持節(せいはやとじせつ)大将軍に任ぜられ、隼人を鎮圧しました。727年ごろ大宰帥(だざいのそち)として九州に下り、730年12月に大納言となって帰京。翌年に従二位となり、その年7月に67歳で没しました。

 旅人は『万葉集』に70首前後の歌を残していますが、ここの長・短歌以外はすべて大宰府へ赴任して以降の作となっています。

 

f:id:yukoyuko1919:20220130094451j:plain