大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

蜻蛉羽の袖振る妹を・・・巻第3-376

訓読 >>>

蜻蛉羽(あきづは)の袖振る妹(いも)を玉くしげ奥に思ふを見たまへ我(あ)が君

 

要旨 >>>

とんぼの羽のように薄く美しい袖をひるがえして舞うあの子を、私は秘蔵の思いでいとしく思っているのです、よくよく御覧になって下さい、我が君よ。

 

鑑賞 >>>

 湯原王(ゆはらのおおきみ)が宴席で詠んだ歌で、王が「我が君」と呼ぶ親しい客をもてなし、王の侍女と思われる者に舞を舞わせ、その挨拶として詠んだものです。人に物を贈る時に、その物が良い物であることや、その物を得るのに苦労したことをいうのが、上代の風習であったように、ここでも、今舞わせている女は、自分にとっては軽くない者だというのが礼であって、その心をもって詠んでいます。さらには、王がいかにその女を愛しているかを露わに表現しています。「蜻蛉羽」は蜻蛉(とんぼ)の羽の意で、薄く、軽く、美しいさまを表現する語。「玉くしげ」は「奥」の枕詞。

 湯原王天智天皇の孫、志貴皇子の子で、兄弟に光仁天皇春日王海上女王らがいます。天平前期の代表的な歌人の一人で、父の透明感のある作風をそのまま継承し、またいっそう優美で繊細であると評価されています。

 

f:id:yukoyuko1919:20220404172910j:plain