大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

大伴熊凝(おおとものくまごり)の死・・・巻第5-886~891

訓読 >>>

886
うち日さす 宮へ上ると たらちしや 母が手離れ 常(つね)知らぬ 国の奥処(おくか)を 百重山(ももへやま) 越えて過ぎ行き 何時(いつ)しかも 京師(みやこ)を見むと 思ひつつ 語らひ居れど 己(おの)が身し 労(いたは)しければ 玉桙(たまほこ)の 道の隈廻(くまみ)に 草手折り 柴取り敷きて 床じもの うち臥(こ)い伏して 思ひつつ 嘆き臥(ふ)せらく 国に在らば 父とり見まし 家に在らば 母とり見まし 世間(よのなか)は かくのみならし 犬(いぬ)じもの 道に臥(ふ)してや 命過ぎなむ

887
たらちしの母が目見ずておほほしく何方(いづち)向きてか吾(あ)が別るらむ

888
常(つね)知らぬ道の長手(ながて)をくれぐれと如何(いか)にか行かむ糧米(かりて)は無しに

889
家に在りて母がとり見ば慰むる心はあらまし死なば死ぬとも

890
出(い)でて行きし日を数へつつ今日(けふ)今日(けふ)と吾(あ)を待たすらむ父母(ちちはは)らはも

891
一世(ひとよ)にはニ遍(ふたたび)見えぬ父母(ちちはは)を置きてや長く吾(あ)が別れなむ

 

要旨 >>>

〈886〉都へ上ろうと、いとしい母の手を離れ、普通に生活していたら知ることもなかった異郷の奥地へと、多くの山を越えて旅をし、いつになったら都が見られるだろうかと思いながら、皆と語っていたけれど、自分自身が病気で苦しいので、道の曲がり角に草を手折り小枝を取り敷いて、その上に寝床であるかのように倒れ伏し、思いに沈みながら嘆くのは、故郷にいたなら父が看病してくださるだろう、わが家にいたなら母が看病してくださるだろう。世の中はこのようでばかりあるらしい、犬でもないのにまるで犬のように道に倒れ伏して、私の命は絶えていくのか。

〈887〉母の目も見ずに、心は沈み、どちらの方角を向いて、私は別れていくのか。

〈888〉ふだんの生活では知ることもなかった長い道のりを、悲しみに沈みながらどのように進もうか、食べる物もないのに。

〈889〉わが家にいて母が看病してくれたなら心も慰められるだろうに、たとえ死ぬとしても。

〈890〉旅に出てからの日を数えながら、今日は帰るか今日は帰るかと今ごろ私を待っていらっしゃるだろう、父は母は。

〈891〉この世では二度と会うことのできない父母を残し、永遠に私は別れていくのか。

 

鑑賞 >>>

 わずか18歳の若さで病に倒れて亡くなった熊凝(くまごり)を悼み、山上憶良がその気持ちを述べた歌6首。序文によれば、

 大伴君の熊凝は肥後の国益城郡の人である。18歳のときの天平3年6月17日、相撲使(すまいのつかい)の国府の役人某の従者となって奈良の都に向かった。しかし、天命なのか、不幸にも旅の途中で病になり、そのまま安芸の国佐伯郡の高庭(たかはし)の宿駅で亡くなった。臨終のとき、熊凝は長く嘆息をついてこう言った。
「伝え聞くところによると『この世は仮の世だから人の体は滅びやすく、命は水の泡のようにはかなくとどめることが難しい』とのことです。だから多くの聖人や賢者たちは皆この世を去り、だれも残っていません。まして愚かで卑しい者がどうして死から逃れられましょう。ただ、年老いた両親は、共に粗末な家で私の帰りを待ち、約束の日が過ぎても帰らなければ心を痛めて悔やむでしょう。いくら待っても帰らない私に、きっと失明するまで涙を流し続けるでしょう。父が哀れで、母が痛ましい。私ひとりが死出の旅に発つことは辛くありません。ただあとに残った両親が苦しむことが悲しいのです。今日永遠にお別れしたら、次のいつの世でか、お目にかかりたい」
そして歌を6首作って死んだ――。

 序文にある「相撲使」は、宮中で七夕に催された相撲節会(すまいのせちえ)のため、諸国から集められた相撲人を引率する官のことで、熊凝はその従者として奈良の都へ向かったのでした。相撲節会は、皇極天皇の元年(642年)に百済の使者をもてなすために宮廷の衛士を集めて相撲を取らせたのが史実としての始まりとされ、聖武天皇の時代の天平6年(734年)7月7日には、豊作を祈る公式行事として相撲節会が行われました。なお、相撲節会の真の目的は国を守る強力な人材を選抜することにあり、健児を連れて来られなかった部領史は罰せられたといいます。

 886の「うち日さす」「たらちしや」「玉桙の」は、それぞれ「宮」「母」「道」の枕詞。887の「たらちしの」は「母」の枕詞。「おほほしく」は、心晴れずに。888の「長手」は、長い道のり。「くれくれと」は、悲しみに沈むさま。889の「心はあらまし」の「まし」は反実仮想。