大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

味飯を水に醸みなし・・・巻第16-3810

訓読 >>>

味飯(うまいひ)を水に醸(か)みなし我(わ)が待ちしかひはかつて無(な)し直(ただ)にしあらねば

 

要旨 >>>

おいしいご飯を醸(かも)してお酒をつくって待っていましたが、全く甲斐がありませんでした。あなたが直接来るわけではないので。

 

鑑賞 >>>

 左注に「この歌には言い伝えがある」として、次のような説明があります。昔、娘子がいた。夫と別れ別れになって恋い続けながら何年かが過ぎたとき、夫は他の女を妻にして、本人は逢いに来ず、ただ贈りものだけをよこしてきた。そこで娘子はこの恨みの歌を作って、返事として送ったという。

 「味飯」は味のよい飯。「水に醸みなし」の「水」は酒で、酒を醸造して。もっとも原始的な酒の製法は「口醸み」とされ、水に漬して柔らかくした米を口でよく噛み、唾液の作用で糖化させ、容器に吐き入れたものを、空気中の酵母によって発酵させていました。「かひ」は効果。「かつて」は、さらに。「直に」は直接に。