大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

ひさかたの雨の降る日を・・・巻第12-3125~3126

訓読 >>>

3125
ひさかたの雨の降る日を我(わ)が門(かど)に蓑笠(みのかさ)着(き)ずて来る人や誰(た)れ

3126
巻向(まきむく)の穴師(あなし)の山に雲(くも)居(ゐ)つつ雨は降れども濡(ぬ)れつつぞ来し

 

要旨 >>>

〈3125〉雨が降っている日に、蓑笠も着けずに、我が家の門口に来ている人はどなたでしょうか。

〈3126〉巻向の穴師の山に雲がかかっていて、雨は降るけれども、濡れながらやって来きました。

 

鑑賞 >>>

 3125は女の歌、3126は男の歌。3125の「ひさかたの」は「天」にかかかるのを「雨」に転じさせて枕詞としているもの。「来る人や誰」は、誰でもない夫だと知って言っている語。3126の「巻向の穴師の山」は、奈良県桜井市北部の山で、巻向の山の中の一つ。