大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

藤原の宮の御井の歌・・・巻第1-52~53

訓読 >>>

52
やすみしし わご大君 高照らす 日の皇子(みこ) あらたへの 藤井が原に 大御門(おほみかど) 始めたまひて 埴安(はにやす)の 堤(つつみ)の上に あり立たし 見したまへば 大和の 青香具山(あをかぐやま)は 日の経(たて)の 大き御門(みかど)に 春山と 茂(し)みさび立てり 畝傍(うねび)の この瑞山(みづやま)は 日の緯(よこ)の 大き御門に 瑞山と 山さびいます 耳成(みみなし)の 青菅山(あをすがやま)は 背面(そとも)の 大き御門に よろしなへ 神(かむ)さび立てり 名ぐはしき 吉野の山は 影面(かげとも)の 大き御門ゆ 雲居(くもゐ)にそ 遠くありける 高(たか)知るや 天(あめ)の御陰(みかげ) 天(あめ)知るや 日の御陰の 水こそば 常にあらめ 御井(みゐ)の清水(ましみづ)

53
藤原の大宮仕(おほみやつか)へ生(あ)れつくや娘子(をとめ)がともは羨(とも)しきろかも

 

要旨 >>>

〈52〉我が大君、日の皇子がここ藤井が原の地に、大宮をお造りになり、埴安の池の堤の上にお立ちになってご覧になると、ここ大和の国の青々とした香具山は、東の御門の向かいに、春山らしく木々を茂らせている。畝傍の瑞々しい山は、西の御門の向かいに、いかにも瑞山らしく鎮まり立っている。青菅に包まれた耳成山は、北の御門の向かいに、美しく神々しく立っている。名も妙なるの吉野の山は、南の御門から雲の彼方遠くに連なっている。立派な山々に囲まれたこの地で、高々と天の影になり、太陽の影になる大宮。その宮の水こそは、永久に湧き出るであろう。御井の真清水よ。

〈53〉藤原の大宮に仕えるよう生まれついた乙女たちの、何と羨ましいことか。

 

鑑賞 >>>

 題詞に「藤原の宮の御井(みい)の歌」とある、作者未詳の藤原宮に対する賀歌。「御井」は土地の命の根源となる聖泉のことで、その井の存在が藤原宮造営の理由の一つであったようです。湧き出る御井の清水に寄せて、宮の永久不変を賀しています。

 52の「やすみしし」「高照らす」「あらたへの」は、それぞれ「わご大君」「日の皇子」「藤井が原」の枕詞。「藤井が原」は「藤原」と同じで、藤原は藤井が原とも呼んでいたことが分かります。「日の経」「日の緯」「背面」「影面」は、それぞれ、東、西、北、南の意。「茂みさび」「山さび」「神さび」の「さび」は、それにふさわしい状態である意の接尾語。「よろしなへ」は、いかにも具合よろしく。「天の御陰、日の御陰」は上代からの成語で、日光を遮る影、すなわち宮殿。53の「生れつくや」は、生まれついた。「羨しきろかも」は、羨ましい限りだ。「ろ」は音調のための接尾語。「かも」は詠嘆。

 歌の内容から、藤原宮造営の当初、持統天皇は、しばしば飛鳥浄見原宮から藤原の地へ行幸になっていたことが知られ、作者は天皇に側近しうる立場にあったものの、采女を羨んでいるところから、身分の低い官人であったことが察せられます。

 また、藤原宮は、香具山・畝傍山耳成山大和三山の中心に位置しており、この歌ではそれぞれの山についてもうたわれています。まず、香具山には「大和の」という語が冠されており、他では「天の」という修飾句も冠されている山です。香具山は天から降ってきたという伝説があり、また『古事記』や『日本書紀』には神話の舞台のように書かれています。こうしたことから、持統期には、香具山が大和を代表する山であるという考え方があったようです。歌の中で「青香具山」といっているのは、青が陰陽五行説の東にあたる色であることを意味します。東をいう「日の経」の門の向かいに、東の季節である「春山」として立っているといっています。

 畝傍山のことは「瑞山」といっています。「瑞」には神聖という意味があり、西をいう「日の緯」の門の向かいに神聖な山として立っていると表現されています。また、その姿を「山さびいます」、すなわち、山らしい山であると讃えています。耳成山は、青菅(あおすげ)が多く生えていたのか、「青菅山」とよび、また、北にあるのを「背面」にあるといっています。なぜ北が背面かというと、天子南面の思想、つまり天皇は南を向いて拝礼を受けるものとされていたためです。その山姿は、いかにも神々しいと表現されています。

 さらに、南をいう「影面」の門から雲の彼方にある吉野の山もうたわれています。吉野は、持統天皇にとっては亡き夫・天武天皇と苦難を共にした想い出の地でもあります。壬申の乱の前に近江朝廷を逃れた二人は吉野に潜み、挙兵に備えたのでした。その後の、持統天皇の度重なる吉野行幸には、天武皇統が持統へ受け継がれたことを確認する目的もあったのでしょう。