大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

振分の髪を短み・・・巻第11-2540

訓読 >>>

振分(ふりわけ)の髪を短(みじか)み春草(はるくさ)を髪に束(た)くらむ妹(いも)をしぞおもふ

 

要旨 >>>

あの娘は短い振分髪で、まだ結えないので、春草を足して髪に束ねてでもいるだろうか、可愛くてあどけないあの娘のことが恋しくしのばれる。

 

鑑賞 >>>

 「振分の髪」は、髪を肩のあたりまで垂らして切り、まだ髪を結べない童女の髪型。「短み」は短いので。「束く」は、髪を束ねあげる、髪を結い上げる。娘が髪を結い上げるのは一人前の大人の女になることを意味し、もう結婚してもよいという証しにもなります。「妹をしぞおもふ」は、あの娘が大人になったら結婚したいという心の告白です。