大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

遣新羅使人の歌(6)・・・巻第15-3582~3583

訓読 >>>

3582
大船(おほふね)を荒海(あるみ)に出(い)だしいます君(きみ)障(つつ)むことなく早(はや)帰りませ

3583
真幸(まさき)くて妹(いも)が斎(いは)はば沖つ波(なみ)千重(ちへ)に立つとも障(さは)りあらめやも

 

要旨 >>>

〈3582〉大船を荒海に出して旅行きなさろうするあなた。どうか何の禍もなく、早くお帰りなさいませ。

〈3583〉あなたが無事でいてくれて、身を清めて神に祈っていてくれれば、沖の波がどれほど激しく立とうとも、旅の支障は何もない。

 

鑑賞 >>>

 3582は、妻が夫の道中の無事を祈った歌、3583は、夫がそれに答えた歌。3582の「荒海(あるみ)」は「あらうみ」の約。「います」は「行く」の敬語。「障む」は障害があること。3583の「真幸くて」は無事で。「斎ふ」は身を清めて神に祈ること。

 なお、『万葉集』には、防人歌以外には、父母が旅の無事を祈る歌はなく、都人の旅の歌は、恋人や妻と離れる辛さを詠むという共通性をもっています。父母にとってもその辛さや嘆きは同じであったはずなのに、不自然にもそれが見当たらないのは、旅の歌にあっては妻や恋人への思いを詠むべしとの、共通の了解が成立していたことが分かります。それが旅の歌における美意識とされたようなのです。