大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

磐姫皇后が天皇を慕ってつくった歌・・・巻第2-85~88

訓読 >>>

85
君が行き日(け)長くなり山たづね迎へ行かむ待ちにか待たむ

86
かくばかり恋ひつつあらずは高山の磐根(いはね)し枕(ま)きて死なましものを

87
ありつつも君をば待たむうちなびく我(わ)が黒髪に霜(しも)の置くまでに

88
秋の田の穂(ほ)の上(へ)に霧(き)らふ朝霞(あさかすみ)何処辺(いつへ)の方にあが恋ひ止まむ

 

要旨 >>>

〈85〉あの方が出かけられてずいぶん長くなった。山を越えて尋ねてお迎えに行こうかしら、それともこのままお待ちしていようかしら。

〈86〉これほど恋い焦がれてなどいるよりは、高い山の岩を枕にして、いっそのこと死んでしまえばよかった。

〈87〉このままずっとあの方をお待ちしましょう。ゆらゆらなびくこの黒髪に、白いものが交じるほどになるまでも。

〈88〉秋の田に実った稲穂の上に立ちこめる朝霞、その霞のようにずっと晴れない私の恋は、いったいいつになったらやむのでしょう。

 

鑑賞 >>>

 難波の高津の宮で天下を治められた天皇仁徳天皇)の時代、「磐姫皇后(いわのひめのおほきさき)、天皇(すめらのみこと)を思(しの)ひて作らす歌四首」。巻第1の雄略天皇御製歌と同様に、巻第2の巻頭を飾る古歌として置かれています。磐姫皇后は仁徳天皇の皇后で、ひどく嫉妬深い女性として、『古事記』『日本書紀』に書かれています。天皇が侍女や妃を宮殿に入れることを許さず、ふだんと違う気配があると「足もあがかに妬みたまひき」、つまり地団駄を踏んで嫉妬したといいます。

 仁徳天皇といえば、民の竈(かまど)の煙が上がらないのを見て税を3年間免除なさったという慈悲深い天皇です。しかし、健康な男子たる天皇は、女性も大好きでした。そしてあるとき、決定的な事件が起きます。磐姫が旅行中に、天皇がかねてご執心の異母妹・八田皇女(やたのひめみこ)をこっそりと宮中に入れたのです。それを知った磐姫は宮中に帰らず、山城国帰化人の所に身を寄せてしまいました。

 慌てた天皇は再三磐姫を迎えに来ましたが、磐姫は天皇に会うこともなく、5年後にその地で生涯を終えたといいます。実は磐姫は、当時、大和最大の豪族だった葛城氏の息女で、皇族ではありませんでした。いっぽう八田皇女は皇族でしたから、位は磐姫のほうが低かったのです。だから、たとえ宮廷に戻ったとしても、彼女の地位はそれまでのようにはいかなかったでしょう。

 もともと磐姫が仁徳天皇のもとに嫁いだのは、天皇家が王権を維持するために葛城氏の力と結託しようとする政略結婚だったといわれます。磐姫には多くのライバルがおり、八田皇女のほかにも、吉備の海部直(あまのあたい)の娘である黒日売(くろひめ)、日向諸県君(ひむかのもろのあがたのきみ)の娘である髪長日売(かみながひめ)などが知られています。そうした中にあって、磐姫は葛城氏を重く背負う立場にありました。そのためもあってか、とても気性の激しい女性だったようですが、激しい嫉妬も深い愛情があってのこと。

 なお、磐姫は5世紀初頭の人で、万葉集に登場する最も古い人物です。前万葉期ともいえるこの時代の和歌は、記録にとどめるのではなく、口頭から口頭への口誦によって伝えられてきました。従って必ずしも原型が維持されるとは限らず、その時々の人たちの新たな感情によって支えられ、受け継がれてきました。この4首も、記紀の伝説から生まれた仮託の歌とされ、実際の作者が誰であるかは分かりません。

 86の「磐根し枕きて」の「磐根」は岩。「し」は強意の助動詞。「枕きて」は枕にして。87の「うちなびく」は、黒髪のなよなよと靡くさま。「霜の置く」は、白髪に変わることの譬え。88の「朝霞」は、朝に立つ霞。この4首は、煩悶→興奮→反省→嘆息の起承転結の心情の推移として組み立てられており、85では、夫を待とうか、迎えに行こうかと悩み、86ではその後者を選び、待つ辛さよりは行き倒れになってでも迎えに行きたいと歌い、さらに87ではやはり待つほうを選ぶと言い、結局88のように、いつまでも恋し続ける辛さを嘆いています。この歌の構成に柿本人麻呂が関わっていたのではないかとの説もあるようです。

 磐姫が亡くなった後に皇后になった八田皇女には、子ができなかったため、次代の天皇には、磐姫が生んだ皇子たちが即位しています。磐姫には4人の男子があり、反乱を起こした次男の住吉仲皇子(すみよしのなかのみこ)を除き、長男が履中(りちゅう)天皇、三男が反正(はんぜい)天皇、四男が允恭(いんぎょう)天皇です。その允恭天皇の子に、軽大娘皇女(かるのおおのいらつめひめみこ)がいます。別名を衣通姫(そとおりひめ)といい、美しさが衣の外にまで光彩を放つほどに美しい女性だったとされます。