大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

父母が成しのまにまに・・・巻第9-1804~1806

訓読 >>>

1804
父母(ちちはは)が 成(な)しのまにまに 箸(はし)向かふ 弟(おと)の命(みこと)は 朝露(あさつゆ)の 消(け)やすき命(いのち) 神の共(むた) 争ひかねて 葦原(あしはら)の 瑞穂(みづほ)の国に 家なみや また帰り来(こ)ぬ 遠(とほ)つ国 黄泉(よみ)の界(さかひ)に 延(は)ふ蔦(つた)の 己(おの)が向き向き 天雲(あまくも)の 別れし行けば 闇夜(やみよ)なす 思ひ惑(まと)はひ 射(い)ゆ鹿(しし)の 心を痛み 葦垣(あしかき)の 思ひ乱れて 春鳥(はるとり)の 音(ね)のみ泣きつつ あぢさはふ 夜昼(よるひる)知らず かぎろひの 心燃えつつ 悲しび別(わか)る

1805
別れてもまたも逢ふべく思ほえば心乱れて我(あ)れ恋ひめやも [一云 心尽して]

1806
あしひきの荒山中(あらやまなか)に送り置きて帰らふ見れば心(こころ)苦(くる)しも

 

要旨 >>>

〈1804〉父母が生んでくださった順序のままに、二本の箸のように揃って育った弟は、朝露のように消えやすい命だったのか、神の思し召しに抗うことはできず、この葦原の瑞穂の国に家がないと思うのか、二度と帰って来ない。遠い黄泉の国に、一人別れて行ったので、闇夜のように惑い続け、矢に射られた鹿のように心が痛み、葦垣のように思い乱れ、春の鳥のように声をあげて泣き続け、夜も昼も分からなくなり、途方もなく心は嘆いている、この別れを。

〈1805〉別れてもまた逢えると思えるのなら、これほど心を取り乱して私が恋い慕うことなどあろうか。(お前だけに心を傾けて)

〈1806〉荒涼とした山中に野辺送りを済ませ、人が次々に帰っていくのを見ていると、心が苦しい。

 

鑑賞 >>>

 田辺福麻呂(たなべのさきまろ)の「弟の死去を哀(かな)しびて作る」歌。1804の「成しのまにまに」は、生んだ順序のままに。「箸向かふ」は、箸のように仲良く向き合う意で「弟」の枕詞。「朝露の」は「消」の枕詞。「神の共」は、ここは神意のままに。「葦原の瑞穂の国」は、わが国の古名。「家なみや」は、家がないのだろうか。「遠つ国」「延ふ蔦の」は、それぞれ「黄泉」「向き向き」の枕詞。「己が向き向き」は、それぞれ別々の方向に。「天雲の」「闇夜なす」「射ゆ鹿の」「葦垣の」「春鳥の」は、それぞれ「別れ」「惑はひ」「痛み」「乱る」「泣き」の枕詞。「あぢさはふ」は語義未詳。「かぎろひの」は「燃え」の枕詞。1805の「あしひきの」は「山」の枕詞。

 田辺福麻呂は『万葉集』末期の官吏で、天平 20年 (748年) に橘諸兄の使いとして越中国におもむき、国守の大伴家持らと遊宴し作歌しています。そのほか恭仁京難波京を往来しての作歌や、東国での作もあります。柿本人麻呂山部赤人の流れを継承するいわゆる「宮廷歌人」的な立場にあったかとされますが、橘諸兄の勢力退潮と呼応するかのように福麻呂の宮廷歌は見られなくなっています。『万葉集』に44首の歌を残しており、そのうち「田辺福麻呂の歌集に出づ」とある歌も、用字や作風などから福麻呂の作と見られています。