大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

うつせみの命を長くありこそと・・・巻第13-3291~3292

訓読 >>>

3291
み吉野の 真木(まき)立つ山に 青く生(お)ふる 山菅(やますが)の根の ねもころに 我(あ)が思(おも)ふ君は 大君(おほきみ)の 任(ま)けのまにまに〈或る本に云ふ、大君の命(みこと)恐(かしこ)み〉 鄙離(ひなざか)る 国 治(をさ)めにと〈或る本に云ふ、天離(あまざか)る 鄙(ひな)治(をさ)めにと〉 群鳥(むらとり)の 朝立(あさだ)ち去(い)なば 後(おく)れたる 我(あ)れか恋ひむな 旅なれば 君か偲(しの)はむ 言はむすべ 為(せ)むすべ知らず〈或る書に、あしひきの 山の木末(こぬれ)にの句あり〉 延(は)ふ蔦(つた)の 行きの〈或る本には、行きのの句なし〉 別れのあまた 惜しきものかも

3292
うつせみの命を長くありこそと留(と)まれる我(わ)れは斎(いは)ひて待たむ

 

要旨 >>>

〈3291〉み吉野の立派な木々が立つ山に青々と生える山菅の根のように、ねんごろに私がお慕いしているあなたは、今、天皇のご命令のままに(天皇の仰せを恐れ謹んで)、都を遠く離れた国を治めるため(遠く離れた田舎の地を治めるため)、群鳥のように朝早く出発してしまわれた。後に残された私は、どんなに恋い焦がれることでしょう。旅先のあなたも私を偲んでくれるでしょうか。言いようもなく、なすすべも知りません(或書には「あしひきの山の梢に」の句がある)。這いまわる蔦が延びて行き(或本には行きの句がない)別れるように、お別れするのがひどく惜しまれてなりません。

〈3292〉この世の命が長く無事であって欲しいと念じ、後に残された私はひたすら精進してお祈りしながらお待ちします。
 

鑑賞 >>>

 地方官として赴任するため、朝、出立する夫を見送る歌。3291の上4句は「ねもころに」を導く序詞。「真木」は、良質の木材となる杉や檜。「山菅」は、竜のひげ。「任けのまにまに」は、任命に従いの意。「群鳥の」は「朝立ち去ぬ」の枕詞。「あしひきの」は「山」の枕詞。「延ふ蔦の」は「行きの別れ」の枕詞。「あまた」は、甚だしく。3292の「うつせみの」は「命」の枕詞。「長くありこそ」の「こそ」は希望の終助詞。「斎ひて」は、禁忌を守って祈ること。

 なお、「うつせみの命」の解釈を、旅に出る夫の命とするか、家に残る妻自身の命とするかで分かれています。夫の無事を妻が祈るのは当然ともいえますが、そうした場合に「命」という言葉を露わに使うのは憚られるため、ここは妻の命のことを言っていると考えられます。「命」は、原則的に自らの生命を言う言葉だったのです。