大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

朝寝髪われは梳らじ・・・巻第11-2578

訓読 >>>

朝寝髪(あさねがみ)われは梳(けづ)らじ愛(うるは)しき君が手枕(たまくら)触れてしものを

 

要旨 >>>

朝の寝乱れた髪を梳るまい、愛しいあなたの手枕が触れた髪だから。

 

鑑賞 >>>

 「正述心緒(ありのままに思いを述べた歌)」。夫が去って行った朝に詠んだ女の歌。「君が手枕触れて」は、夫の腕を枕にして寝る意。愛しい夫が愛撫してくれたと思うと、自分の体のそれぞれの部分がいとおしく思える女心・・・。万葉集ではめずらしく直接的な性愛表現の歌です。当時の女性は一般的に髪を長く伸ばしており、夜寝る時は髪を解き、昼間は結い上げたようです。結い上げる前に、朝、寝乱れた髪を櫛梳るのです。「触れてし」の「てし」は過去完了。