大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

若ければ道行き知らじ・・・巻第5-904~906

訓読 >>>

904
世の人の 貴び願ふ 七種(ななくさ)の 宝も我は 何(なに)為(せ)むに わが中の 生まれ出(い)でたる 白玉の わが子 古日(ふるひ)は 明星(あかぼし)の 明くる朝(あした)は 敷妙(しきたへ)の 床の辺(へ)去らず 立てれども 居(を)れども 共に戯(たはぶ)れ 夕星(ゆふつづ)の 夕(ゆうべ)になれば いざ寝よと 手を携(たづさ)はり 父母(ちちはは)も 上は勿(な)下(さか)り 三枝(ささくさ)の 中に寝むと 愛(うつく)しく 其(し)が語らへば 何時(いつ)しかも 人と成り出でて 悪(あ)しけくも 善(よ)けくも見むと 大船(おほぶね)の 思ひ憑(たの)むに 思はぬに 横風(よこしまかぜ)の にふふかに 覆(おほ)ひ来(きた)れば 為(せ)む術(すべ)の 方便(たどき)を知らに 白妙(しろたへ)の 襷(たすき)を掛け まそ鏡 手に取り持ちて 天(あま)つ神 仰ぎ乞(こ)ひ祈(の)み 地(くに)つ神 伏して額(ぬか)つき かからずも かかりも 神のまにまにと 立ちあざり われ乞ひ祈(の)めど 須臾(しましく)も 快(よ)けくは無しに 漸漸(やくやく)に 容貌(かたち)つくほり 朝な朝な 言ふこと止み たまきはる 命絶えぬれ 立ち踊り 足(あし)摩(す)り叫び 伏(ふ)し仰ぎ 胸うち嘆き 手に持てる 吾(あ)が児(こ)飛ばしつ 世間(よのなか)の道

905
若ければ道行き知らじ幣(まひ)はせむ黄泉(したへ)の使(つかひ)負(お)ひて通らせ

906
布施(ふせ)置きてわれは乞(こ)ひ祈(の)む欺(あざむ)かず直(ただ)に率(ゐ)去(ゆ)きて天路(あまぢ)知らしめ

 

要旨 >>>

〈904〉世間の人が貴び欲しがる七種の宝であろうと、私にとって何になろう。私たち夫婦の間に生まれてきた白玉のようなわが子古日は、明けの明星が輝く朝になっても、白い布を敷いた寝床を離れず、立っていても座っていても私たちにまとわりつき、宵の明星が出る夕方になると、さあ寝ようと手を取って、父さんも母さんもぼくの側から離れないで、三枝のようにぼくが真ん中に寝るよと、かわいらしくあの子が繰り返し言うので、早く一人前になって悪くも良くもその将来を見たいと、大船に乗ったつもりで頼りにしていたのに、思いもかけずすさまじい風が突然に襲ってきて、どうする方法も手段も分からず、白い布のたすきをかけ、まそ鏡を手に持ちかざして、天の神を仰いでは願い祈り、地の神に伏して額をつき、病気を治してくださるとしても治してくださらないとしても、すべては神の思し召し通りにと、立ち上がって狂ったように私は願い祈ったが、しばらくも快方に向かうことなく、だんだん元気がなくなり、日ごとに物も言わなくなり、命が絶えてしまった。飛び上がり地団駄を踏んで叫び嘆き、地に伏し天を仰いで、胸をたたいて嘆いたが、掌中にいつくしんだわが子を、横風に飛ばされて失ってしまった。これが世の中の道なのか。

〈905〉まだ幼いので、黄泉の国への道が分からないだろう。贈り物をするから黄泉の国の使よ、どうかわが子を背負って行ってやってください。

〈906〉お布施を奉って、私はお願いしお祈りします。別の道に誘うことなく、まっすぐ連れて行って、天までの道を教えてやってください。

 

鑑賞 >>>

 古日(ふるひ)という名の男の子を恋い慕う歌3首とある歌です。山上憶良帰京後の作と認められ、亡くなった男の子は憶良の子であるのか他人の子であるのか不明ですが、この時の憶良は70歳ぐらいの老齢だったため、知人の子だったかもしれません。歌中の「わが中の生まれ出でたる」「白玉の」「三枝の中に寝む」などの表現から、古日は夫婦の間にやっと授かった子であったことが窺われます。

 904の「七種の宝」は仏典にいう七種の珍宝。経典によって異なり、法華経では金・銀・瑠璃(るり)・碼碯(めのう)・硨磲(しゃこ)・真珠・玫瑰(ばいかい)の七つ。「明星の」は「明け」の枕詞。「敷妙の」は「床」の枕詞。「夕星の」は「夕」の枕詞。「三枝の」は「中」の枕詞。「人と成り出で」は、一人前の人となり。「大船の」は「憑む」の枕詞。「横風」は、横から吹きつける突風で、子供に突然襲いかかった病を表現したもの。「にふふかに」は未詳ながら、にわかに、か。「方便」は、手段。「白妙の」は「襷」の枕詞。「立ちあざり」は、取り乱し。「須臾も」は、少しの間も。「漸漸に」は、しだいに。「容貌つくほり」の「つくほり」は未詳ながら、容貌が衰え、か。「たまきはる」は「命」の枕詞。「足摩り」は、じだんだ踏んで悲しがって。

 905の「幣」は、神に捧げる謝礼。「黄泉」は、下方。古来、死後に行く道は地下にあるとされていました。「通らせ」は、通れの敬語の命令形。906の「布施」は、仏や僧に贈る品。「欺かず」は、だます意のほかに、誘惑するの意があり、ここはその例。「直に率去きて」は、まっすぐに連れて行って。「天路」は仏教用語で、死後の世界への道。かわいい盛りの幼な子の死後までも思いやり、せめて幣、布施などを尽くしたいとの哀切極まりない気持ちが歌われています。