大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

橘は花にも実にも見つれども・・・巻第18-4111~4112

訓読 >>>

4111
かけまくも あやに畏(かしこ)し 天皇(すめろき)の 神の大御代(おほみよ)に 田道間守(たぢまもり) 常世(とこよ)に渡り 八矛(やほこ)持ち 参(ま)ゐ出(で)来(こ)し時 時じくの 香久(かく)の菓(このみ)を 畏(かしこ)くも 残したまへれ 国も狭(せ)に 生(お)ひ立ち栄(さか)え 春されば 孫枝(ひこえ)萌(も)いつつ ほととぎす 鳴く五月(さつき)には 初花(はつはな)を 枝(えだ)に手折(たを)りて 娘子(をとめ)らに つとにも遣(や)りみ 白栲(しろたへ)の 袖(そで)にも扱入(こき)れ かぐはしみ 置きて枯らしみ あゆる実(み)は 玉に貫(ぬ)きつつ 手に巻きて 見れども飽(あ)かず 秋づけば しぐれの雨降り あしひきの 山の木末(こぬれ)は 紅(くれなゐ)に にほひ散れども 橘(たちばな)の 成れるその実(み)は ひた照りに いや見が欲しく み雪降る 冬に至れば 霜置けども その葉も枯れず 常磐(ときは)なす いやさかばえに 然(しか)れこそ 神の御代(みよ)より 宜(よろ)しなへ この橘を 時じくの 香久(かく)の菓(このみ)と 名付けけらしも

4112
橘(たちばな)は花にも実にも見つれどもいや時じくになほし見が欲(ほ)し

 

要旨 >>>

〈4111〉言葉に出すのも恐れ多いこと、古の天皇の大御代に、田道間守が常世の国に渡って、幾本かの苗を持って帰朝した時、その季節ならず実る香りある木の実を、ありがたくも世に残してくださったので、その木は、国も狭しと生い立って栄え、春が来ると新たに枝が次々と芽生え、ほととぎすが鳴く五月には、その初咲きの花を枝ごと折って、娘子に贈り物としたり、枝からしごいて袖の中にも入れたり、香りがよいので、枝に置いたまま枯らしてしまったりもし、こぼれ落ちる実は、薬玉として緒に通して、腕に巻きつけていくら見でも見飽きない。秋が深まり、時雨が降って、山の木々の梢は、紅に色美しくなって散るけれども、橘の木になっているその実は、照りに照っていっそう目が引きつけられ、雪の降る冬になると、霜が置いてもその葉も枯れずに、岩石のようにいよいよ栄えに栄えている。それであればこそ、いみじくもこの橘を、時じくのかくの実と名づけたのであるらしい。

〈4112〉橘は、花の咲く時も実になるときも見ているけれど、その上にも、いつの季節ということもなく、もっと目にしたい。

 

鑑賞 >>>

 大伴家持による「橘」の歌。橘は、『日本書紀』によれば、垂仁天皇の代に、非時香菓(ときじくのかくのみ)、すなわち、時を定めずいつも黄金に輝く木の実を求めよとの命を受けた田道間守(たじまもり)が、常世(仙境)に赴き、10年を経て、労苦の末に持ち帰ったと伝えられる植物です。しかしその時、垂仁天皇はすでに崩御しており、それを聞いた田道間守は、嘆き悲しんで天皇の陵で自殺しました。次代の景行天皇が田道間守の忠を哀しみ、垂仁天皇陵近くに葬ったとされています。田道間守は、日本に帰化した新羅の王子、天日槍(あまのひほこ)の子孫で、『日本書紀』では4代目の孫となっています。

 4111の「常世」は不老不死の国。「八矛」の「八」は多数、「矛」は棒状の物で、ここでは何本かの苗木。「時じくの香久の菓」は、橘の実の古名。時に関係なくかぐわしい実の意。「白栲の」は「袖」の枕詞。「扱入る」は、しごき取って入れる。「あゆる実」は、落ちた実。「あしひきの」は「山」の枕詞。「木末」は、木の枝の先。「常磐なす」は、大きな岩のようにいつまでも変わらず。「宜しなへ」は、よい具合に、ふさわしく。