大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

遣新羅使人の歌(23)-3681~3683

訓読 >>>

3681
帰り来て見むと思ひし我(わ)が宿(やど)の秋萩(あきはぎ)すすき散りにけむかも

3682
天地(あめつち)の神を祈(こ)ひつつ我(あ)れ待たむ早(はや)来ませ君(きみ)待たば苦しも

3683
君を思ひ我(あ)が恋ひまくはあらたまの立つ月ごとに避(よ)くる日もあらじ

 

要旨 >>>

〈3681〉無事に帰ってきたら見ようと思った我が家の庭の秋萩やすすきは、今ごろはもう散ってしまっただろうか。

〈3682〉天地の神々にご無事を祈りながら、私はお待ちしています。どうか早く帰ってきてください、あなたさま。お待ちするのは苦しゅうございます。

〈3683〉あなたのことを思って恋い焦がれる私の気持ちは、いくら月が変わってもその苦しみを避ける日などありません。

 

鑑賞 >>>

 肥前国佐賀県長崎県松浦郡(ひぜんのくにまつらのこおり)の狛島(こましま)に停泊した夜、海の波をはるかに眺めてそれぞれ旅の心を悲しんで作った歌。引津からさらに西へ行き、肥前国唐津を過ぎて北に向かうと松浦の海があり、唐津湾内に神集島(かしわじま)がありました。「狛島」は神集島の狛島の亭で、ここは九州本島の最後の地となります。3681は、秦田麻呂(はだのたまろ:伝未詳)の歌。帰り着く予定の秋がすでに深まるのを嘆いています。3682は娘子の歌とあり、宴に接した遊行女婦とされます。3683の「あらたまの」は「年」の枕詞であるのを「月」に転用したもの。誰が誰に言った歌か明らかでありません。