大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

防人の歌(15)・・・巻第20-4328~4330

訓読 >>>

4328
大君(おほきみ)の命(みこと)畏(かしこ)み磯(いそ)に触(ふ)り海原(うのはら)渡る父母(ちちはは)を置きて

4329
八十国(やそくに)は難波(なには)に集(つど)ひ船(ふな)かざり我(あ)がせむ日ろを見も人もがも

4330
難波津(なにはつ)に装(よそ)ひ装ひて今日(けふ)の日や出でて罷(まか)らむ見る母なしに

 

要旨 >>>

〈4328〉大君のご命令を恐れ畏んで、磯から磯を伝いながら、海原を渡っていく、父母を置いたまま。

〈4329〉諸国の防人たちが難波に集結し、船かざりをして船出に備える。その日の晴れ姿を見送る人がいてくれたらなあ。

〈4330〉難波津で船を飾り立てて今日という日、いよいよ任地に向かう。見送りに来る母もないままに。

 

鑑賞 >>>

 相模国の防人の歌。4328の「大君の命畏み」は、成句となっている表現。「磯に触り」は、磯に接しながら。当時の船は風波への抵抗力が弱かったため、風波があればただちに岩陰に退避できるるよう、できるだけ海岸を離れずに航行したので、そのさまを具象的に言ったものです。「海原(うのはら)」は「うなばら」。4329の「八十国」は、多くの国の人々の意で、防人のこと。「日ろ」の「ろ」は、接尾語。「見も」は「見む」の転。「もがも」は、願望。4330の「装ひ装ひて」は、装いに装って。

 難波に集結した防人たちは、兵部省の役人による手続きを終えたのち、大宰府の防人司から派遣されてきた役人に引率され、海路で筑紫に向かいました。遠い東国の人間がなぜ防人に徴集されたかの理由の一つに、逃亡しにくかったからではないかとする見方があります。土地勘がないので逃亡をはじめからあきらめる、また、たとえ逃亡しても方言からすぐに発覚してしまうから、というのです。あるいは、東国の力が強く、その反乱を未然に防ぐため、あえて東国の男たちを西に運んだとする見方もあるようです。

 

苦しくも降り来る雨か・・・巻第3-265

訓読 >>>

苦しくも降り来る雨か三輪(みわ)の崎(さき)狭野(さの)の渡りに家もあらなくに

 

要旨 >>>

何と鬱陶しいことに雨が降ってきた。三輪の崎の狭野の渡し場に、雨宿りする家もないのに。

 

鑑賞 >>>

 長忌寸意吉麻呂(ながのいみきおきまろ)が、何らかの命を帯びて紀伊へ旅した時の歌です。「三輪の崎」は、和歌山県新宮市の三輪の崎。「狭野の渡り」は、今の新宮港あたり。

 なお、「家もあらなくに」の解釈は、最近では「家の者もいないのに」とするのが主流になってきています。『万葉集』に登場する「家」と「宿」の比較研究において、「家」を主語として「居り」「恋ふ」「念ふ」「待つ」などの述語を伴う例が多いことから、「家」は人格的に表現された語であり、家人、家庭とほぼ同じ意味であると考えられ、一方、「家」を建造物そのものと解される例も少なからずあるが、もっぱら「宿」が建造物そのものとして捉えられている、と。その考え方に従えば、この歌は、雨に濡れた衣を乾かしてくれる等あれこれ世話をしてくれる妻のことを思い、さらにその妻と遠く離れていることを実感してうたわれたものと解釈されます。

 後の藤原定家はこの歌を「本歌取り」し、「駒とめて袖うちはらふかげもなし佐野の渡りの雪の夕暮」という歌を詠んでいます。また、斎藤茂吉はこの歌について、「第2句で『降り来る雨か』と詠嘆して、うったえるような響きを持たせたのにこの歌の中心がある。そして心が順直に表され、無理なく受け容れられるので、古来万葉の秀歌とされた」と述べています。さらに、「意吉麻呂は実地に旅行しているのでこれだけの歌を作り得た。定家の空想的模倣歌などと比較すべき性質のものではない」とも。

 長忌寸意吉麻呂(生没年未詳)は、渡来人の裔(すえ)であり、柿本人麻呂高市黒人などと同じ時期に宮廷に仕えた下級官吏だったとされます。行幸の際の応詔歌、羇旅歌、また宴席などで会衆の要望にこたえた歌、数種の物の名前を詠み込んだ歌、滑稽な歌など、いずれも短歌の計14首を残しています。

 

坂上郎女が大伴家持に贈った歌・・・巻第17-3927~3930

訓読 >>>

3927
草枕(くさまくら)旅行く君を幸(さき)くあれと斎瓮(いはひべ)据(す)ゑつ我(あ)が床(とこ)の辺(へ)に

3928
今のごと恋しく君が思ほえばいかにかもせむするすべのなさ

3929
旅に去(い)にし君しも継(つ)ぎて夢(いめ)に見ゆ我(あ)が片恋(かたこひ)の繁(しげ)ければかも

3930
道の中(なか)国(くに)つ御神(みかみ)は旅行きもし知らぬ君を恵(めぐ)みたまはな

 

要旨 >>>

〈3927〉任地に赴くあなたが無事であれ、斎瓮を据えて祈りました。私の床の辺に。

〈3928〉今のようにこんなに恋しくあなたのことが思われるのに、これからどうしたらいいのでしょう。するべき方法もないことです。

〈3929〉旅に行ってしまったあなたのことが次々に夢に出てきます。私の片恋が激しいせいでしょうか。

〈3930〉越中の国を支配なさっている神よ、旅に行く経験もないあの人を、どうかお守り下さい。

 

鑑賞 >>>

 天平18年(746年)3月の人事で、29歳の大伴家持は宮内少輔に任命され、次いで6月に越中国守に任命されました。当時の越中国は、射水・礪波・婦負・新川郡のほか、羽咋・鳳至・能登珠洲郡を含む8郡からなり、国の等級では「大国」に次ぐ「上国」にランク付けされていました。

 3927・3928は、家持が任地に赴く時に、坂上郎女が作った歌。3929・3930は、越中に着任した時にさらに贈った歌。あたかも家持の妻の坂上大嬢の歌ではないかと思われるほどの心情が込められています。坂上郎女にとって、家持はそれほどに愛すべき甥だったことが窺われます。

 この点について作家の大嶽洋子は次のように述べています。「これは姑が娘婿に贈る歌としては、ちょっと過激ではないだろうか。(中略)坂上郎女が晩年に苦しい恋をした相手とは、家持ではないだろうか。誰にも漏らすことのできない秘密。お互いに感じとっていても決して現実の言葉とも事実ともなり得ない感情の負の部分。この時期の郎女の歌には註が長くついていて、『たわむれに詠んだ』ことを強調している。だが、美しい叫びのような香りに満ちた歌には、みじんの遊びの雰囲気は感じとれない」

 そして、「母は娘を愛し、娘は母を愛し、その二人のいずれをも愛した家持。三人が三様に苦しんで、大嬢はときを待ち、家持はかりそめの恋愛三昧を演出したのではないだろうか。そして坂上大嬢が越中に出向き、初めて母親の強い引力から物理的にも、精神的にも離れることで、この魂の地獄からの落着を得たのではないか。以降、家持は歌境も冴えわたり、詩人としても、男性としても、一段と魅力を増したと私は思う」

 3927の「草枕」は「旅」の枕詞。「斎瓮」は、神に供える酒を入れる瓶。3930の「道の中」は、越中国を「越の道の中の国」と呼んでいたので、越中の意味。「国つ御神」は、その国を守護する神。「し知らぬ」は、するのを知らない、経験のない意。

 

大伴家持と大伴坂上郎女の歌・・・巻第8-1619~1620

訓読 >>>

1619
玉桙(たまほこ)の道は遠けどはしきやし妹(いも)を相(あひ)見に出でてぞ我(あ)が来(こ)し
1620
あらたまの月立つまでに来ませねば夢(いめ)にし見つつ思ひそ我(あ)がせし

 

要旨 >>>

〈1619〉道のりは遠くても、いとおしいあなたに逢うために、私はやって来ました。

〈1620〉月が改まるまでにいらっしゃらないので、私は夢にまで見続けて、物思いをしてしまいました。

 

鑑賞 >>>

 1619は大伴家持、1620は大伴坂上郎女の歌。大伴氏は竹田の庄(橿原市)と跡見(とみ)の庄(桜井市外)を経営していました。天平11年(739年)、竹田の庄(橿原市)に秋の収穫のため下向していた叔母・大伴坂上郎女のもとを、家持が訪ねたときに交わした歌です。

 このとき家持は23歳、「妹」はふつう男性から恋人に対してかける言葉ですから、叔母に対して用いるのは一般的ではありません。少しふざけて、庄への訪問を、逢引にやって来たように謡ったものでしょうか。それに答えたのが1620で、男を待つ女として歌を返しています。とはいえ、これらはあくまで儀礼の範囲のやり取りであるとみられています。

 1619の「玉桙の」は「道」の枕詞、「はしきやし」は、ああ愛しい、ああ慕わしい。1620の「あらたまの」は「年」に掛かる枕詞ですが、ここでは「月」に転じています。「月立つまでに」は、月が改まるまでに。

 

秋さらば見つつ偲へと・・・巻第3-464~465

訓読 >>>

464
秋さらば見つつ偲(しの)へと妹(いも)が植ゑしやどのなでしこ咲きにけるかも

465
うつせみの世は常(つね)なしと知るものを秋風 寒(さむ)み偲(しの)ひつるかも

 

要旨 >>>

〈464〉秋になったらごらんになって私を思い出してくださいと言って、彼女が植えた庭のナデシコの花が咲いてきたよ。

〈465〉この世は無常だとは分かってはいるものの、寒い秋風を受けると、妻のことが思い出されてならない。

 

鑑賞 >>>

 462の歌に続き、大伴家持が亡き妾を悲しんで作った歌。464は、家持が軒下の敷板のそばに咲いたナデシコの花を見て作った歌で、「妹が植ゑしやど」は、家持が16歳ころに、大伴家の本宅である「佐保宅」から移り住んでいた「西宅」とされます。佐保宅の西の方角にあったことからそう呼ばれ、家持が妾や子らと住んだ我が家は、父の旅人の時代に用意されていた住居でした。

 ナデシコは、秋の七草の一つで、夏にピンク色の可憐な花を咲かせます。我が子を撫でるように可愛らしい花であるところから「撫子(撫でし子)」の文字が当てられています。そのため、『万葉集』でも、ナデシコを擬人化したり、人と重ね合わせたりして多く歌に詠まれています。

 465は、月が替わってのち、秋風を悲しんで作った歌。妾が亡くなったのは6月なので、7月に入ってのこと。陰暦の7月は秋になります。「うつせみの」は「世」の枕詞。「うつせみ」の語源は「現(うつ)し臣(おみ)」で、この世の人、現世の人の意。「臣」は「君」に対する語で、神に従う存在をいいます。ウツシオミがウツソミと縮まり、さらにウツセミに転じたものです。「寒み」は、寒いので。

 

今よりは秋風寒く吹きなむを・・・巻第3-462~463

訓読 >>>

462
今よりは秋風(あきかぜ)寒く吹きなむを如何(いかに)かひとり長き夜(よ)を寝(ね)む

463
長き夜(よ)をひとりや寝(ね)むと君が言へば過ぎにし人の思ほゆらくに

 

要旨 >>>

〈462〉これから秋風が寒く吹く時節を迎えるのに、どのようにしてたった一人で長い夜を寝たらよいのか。

〈463〉秋の夜長を一人で寝なければならないなどとおっしゃると、私まで亡くなったあの方のことが思い出されて、やりきれなくなるではありませんか。

 

鑑賞 >>>

 462は、題詞に「(天平)十一年己卯夏六月、大伴宿禰家持、亡妾を悲傷して作れる歌」とあり、妾(正妻に次ぐ妻)が、永主(ながぬし)という男の子と3歳ばかりの女の子を残して亡くなりました。この歌を作った時の家持は内舎人(うどねり:天皇に近侍する官)の役職にあり、22歳くらいだったとされます。「亡き妾」はどのような身分の女性だったかは分かりませんが、家持が17、8歳ころからの関係だったとされます。妾は公に認められており、戸籍にも登録されました。もっとも、ここでは、後妻の坂上大嬢と区別するため、あるいは大嬢を憚って「妾」の文字が用いられたようです。

 なお、息子の永主は、成長した後の延暦3年(784年)正月に正六位上から従五位下に昇進、また同年10月には右京亮(うきょうのすけ)になっています。右京亮は右京職(うきょうしき)長官に次ぐ要職であり、この時、67歳になっていた家持は、従三位中納言の高い地位にありました。

 「吹きなむ」の「なむ」は、未来の想像を表す語。「如何か」は、どのようにして。窪田空穂はこの歌を評し、「心は単純なものであるが、この歌は訴える力をもっている。それは家持の心の純粋なのと、抒情性の豊かなためであるが、それとともに、若々しいながら父旅人に似た一種の気品をもっているからで、このほうがむしろ主となっているためである。『如何かひとり』という句など、語(ことば)としては平凡であるが、情の充ちたものである。歌人としての素質を思わせるに足りる歌である」と述べています。

 463は、家持の弟の書持(ふみもち)が即時に答えた歌。書持は、若いころから家持と共に和歌の創作に励んだらしく、『万葉集』に12首の歌を残しています。史書などに事績は見られないため官位等は不明で、家持が越中に赴任していた天平18年に若くして亡くなっています。

 「ひとりや」の「や」は、疑問。「過ぎにし人」は、この世を去ってしまった人。愛する人を亡くした兄を慰め、それにも増して死者を慰めている歌です。

 

昔こそ難波田舎と言はれけめ・・・巻第3-312

訓読 >>>

昔こそ難波田舎(なにはゐなか)と言はれけめ今は都(みやこ)引き都(にやこ)びにけり

 

要旨 >>>

昔こそは、難波田舎と呼ばれていたであろう。しかし、今では都を引き移してすっかり都らしくなってきた。

 

鑑賞 >>>

 神亀3年(726年)、藤原宇合(ふじわらのうまかい)が、難波の都の改造のため、知造難波宮事に任ぜらたときに作った歌。大体ができあがった時期に、聖武天皇の御前で歌った予祝歌とされます。「都引き」は都を引き移しての意で、天皇行幸を、都自体が移ってきたかのように言っています。「都び」は都めく意。自身の責務の完了を目前にして喜ぶだけでなく、皇威を賀した、調べの明るいさわやかな歌となっています。

 藤原宇合不比等の3男で、藤原4家の一つ式家の始祖にあたります。若いころは「馬養」という名前でしたが、「宇合」の字に改めています。霊亀3年(717年)に遣唐副使として多治比県守 (たじひのあがたもり) らと渡唐。帰国後、常陸守を経て、征夷持節大使として陸奥蝦夷 (えみし) 征討に従事、のち畿内副惣管、西海道節度使となり、大宰帥 (だざいのそち) を兼ねましたが、天平9年(737年)、都で大流行した疫病にかかり44歳で没しました。『万葉集』には6首の歌が載っています。

 宇合は、上記のように、遣唐使の一員として唐に渡ったほか、国内のあちこちを旅から旅へと飛び回り、さまざまな仕事に携わっています。ここの知造難波宮事の仕事もその一つに過ぎず、生涯を通して、大和にいた期間は短かったとみられます。藤原四兄弟の中で最もよく働いた人であり、またいちばん損な籤(くじ)を引いた人だったようにも感じられます。