大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

防人の歌(2)・・・巻第20-4321~4323

訓読 >>>

4321
畏(かしこ)きや命(みこと)被)かがふ)り明日(あす)ゆりや草(かえ)がむた寝む妹(いむ)なしにして

4322
我が妻はいたく恋ひらし飲む水に影(かご)さへ見えてよに忘られず

4323
時々の花は咲けども何すれぞ母とふ花の咲き出来(でこ)ずけむ

 

要旨 >>>

〈4321〉恐れ多くも大君の仰せを承って、明日からは草と一緒に寝ることになるのだろうか、愛する妻もいないまま。

〈4322〉私の妻は私のことをひどく恋しく思っているらしい。飲む水の上に面影になって見えるので、少しも忘れることができない。
 
〈4323〉季節が変わるごとに花は色々咲くけれど、どうして母という名の花は咲いてこないのだろう。

 

鑑賞 >>>

 いずれも遠江国出身の人たちの作で、4321の作者は、国造(くにのみやつこ)の丁(ちょう)、長下郡(ながのしものこうり)の物部秋持(もののべのあきもち)とあり、国造(世襲の地方官)の家から出た、防人の中では最上級の人。4322は、主帳(しゅちょう)の丁、麁玉郡(あらたまのこおり)の若倭部身麻呂(わかやまとべのみまろ)とあり、主張(郡の四等官、公文に関する記録係)の家から出た人。4323は、防人(さきもり)山名郡(やまなのこおり)の丈部真麻呂(はせつかべのままろ)とあり、一般兵士にあたります。

 防人は任務の期間も税は免除されなかったため、農民にとってはたいへん重い負担でした。また、徴集された防人は、九州まで部領使(ことりづかい/ぶりょうし:引率する係りの者)が同行して連れて行かれました。部領使は馬に乗り、従者もいましたが、防人たちは徒歩のみで、夜は寺院などの宿泊場所がなければ野宿させられました。もっと辛いのが任務が終わって帰郷する際で、付き添いも無く、途中で野垂れ死にする者も少なくなかったといいます。

 

f:id:yukoyuko1919:20220107161122j:plain