大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

防人の歌(9)・・・巻第20-4372

訓読 >>>

足柄(あしがら)の 御坂(みさか)賜(たま)はり 顧(かへり)みず 我(あ)れは越(く)え行く 荒(あら)し男(を)も 立(た)しやはばかる 不破(ふは)の関(せき) 越(く)えて我(わ)は行(ゆ)く 馬(むま)の爪(つめ) 筑紫(つくし)の崎(さき)に 留(ち)まり居(ゐ)て 我(あ)れは斎(いは)はむ 諸(もろもろ)は 幸(さけ)くと申(まを)す 帰り来(く)までに

 

要旨 >>>

足柄の御坂を通していただき、後を振り返らずに私は越えてゆく。荒々しい男でさえ立ち止まってためらう不破の関を越えて、私は行く。馬の蹄がすり減って尽きるほど遠い筑紫の崎にとどまって、私は身を清めて神に祈りを捧げよう。故郷の衆のみんなが達者でいてくれるように、と。無事に帰って来るまで。

 

鑑賞 >>>

 常陸国の防人、倭文部可良麻呂(しとりべのからまろ)の歌。「足柄の御坂」は神奈川県と静岡県の県境にある足柄峠。「御坂賜はり」の「御坂」は、坂には神が祀ってあるところからの敬称。「賜はり」は、坂の神のお許しをいただいて。「荒し男」は強く勇敢な男。「不破の関」は岐阜県関が原町にあった東山道の関所。「馬の爪」は「筑紫」の枕詞。防人による長歌は、この1首のみです。

 国文学者の窪田空穂はこの歌を評し、「語短く心を尽くしていっているもので、技巧としても勝れたものである。挨拶の語であるから、先蹤となるものがあったかもしれぬが、それとしても非凡なものである」と言っています。