大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

娘子が僧を揶揄した時の歌・・・巻第3-327

訓読 >>>

海神(わたつみ)の沖に持ち行きて放(はな)つともうれむぞこれがよみがへりなむ

 

要旨 >>>

海の沖に持って行って放してやったとしても、どうして、これが生き返ることがありましょうや。

 

鑑賞 >>>

 ある娘子たちが、通観法師(伝未詳)に干し鮑(あわび)を包んで贈り、ふざけて祝願を求めた時に、通観が作った歌です。「祝願」は、干し鮑が生き返るよう呪文を唱えて祈願すること。「海神」は海の神、ここでは海。「放つ」は「放生」で、捕らえた生き物を逃がしてやること。「うれむぞこれが」は、どうしてこれが。

 娘子たちが持参した鮑は女陰の比喩とされ、女犯を禁じられていた僧を、からかい、徴発しようとする遊び心からのものと見えます。娘子たちから問われた通観はいたって生真面目に答えており、それがかえって諧謔を生んでいます。当時は、航海の安全を祈願する際、海神に女陰を見せる呪術があったともいいます。