大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

誰ぞ彼と問はば答へむ・・・巻第11-2545

訓読 >>>

誰(た)そ彼(かれ)と問はば答へむ術(すべ)をなみ君が使(つかひ)を帰しやりつも

 

要旨 >>>

あの人は誰かと問われても、答えようがないので、あなたからの使いをそのまま帰してしまいました。

 

鑑賞 >>>

 男との関係を家人に秘密にしている女の許へ、男から使いが来たので、女は当惑してただ帰してしまい、その後で男に弁解した歌です。「誰そ彼」は、あの人は誰か。「たそがれどき(人の顔が見分けにくい時刻)」の語源になった言葉です。「答へむ術をなみ」は、返事のしようがないので。