大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

2022-01-19から1日間の記事一覧

わが里に大雪降れり・・・巻第2-103~104

訓読 >>> 103わが里に大雪(おほゆき)降れり大原の古(ふ)りにし里に降らまくは後(のち) 104わが岡のおかみに言ひて降らしめし雪のくだけし其処(そこ)に散りけむ 要旨 >>> 〈103〉私の里には大雪が降った。あなたの住む大原の古ぼけた里に降るの…

東の野に炎立つ見えて・・・巻第1-48

訓読 >>> 東(ひむがし)の野に炎(かぎろひ)立つ見えてかへり見すれば月 傾(かたぶ)きぬ 要旨 >>> 東の野にあけぼのの茜色が見え始め、振り返ってみると、もう月が傾きかけている。 鑑賞 >>> 柿本人麻呂の作で、亡くなった草壁皇子(くさかべの…