大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

早く日本に帰ろう!・・・巻第1-63

訓読 >>>

いざ子どもはやく日本(やまと)へ大伴(おほとも)の御津(みつ)の浜松待ち恋ひぬらむ

 

要旨 >>>

さあ皆の者どもよ、早く日本に帰ろう。大伴の御津の浜のあの松原も、我々を待ち焦がれているだろうから。

 

鑑賞 >>>

 山上憶良遣唐使の一員として大唐(もろこし)にいたとき、故郷・日本を思って作った歌です。山上憶良は、藤原京時代から奈良時代中期に活躍した万葉第三期の歌人(660~733年)で、文武天皇の大宝2年(702年)、42歳でに遣唐大使・粟田真人に少録(第四等官)として従い入唐、3年ほど滞在して帰国しました。この歌は帰国の出帆間近のころに作られたとされ、別れの宴席での歌だったかもしれません。『万葉集』中、唯一、唐土で作られた歌となっています。

 歌中の「いざ」は、人を誘う意の副詞。「子ども」は部下や年少者等を親しんで呼んだもの。「大伴」は今の難波の辺り一帯の地で、古く大伴氏の領地だったところから地名になったとされます。「御津」は難波の港で、遣唐使はここから出入りしていました。「御」は美称。そのころの大阪湾一帯には松がたくさんあったようです。

 この時の遣唐使派遣は第7次にあたり、天智朝以来37年ぶりに行われたものでした。遣唐使のたどった航路は、朝鮮半島に沿って進む北路と、南シナ海を渡る南路がありましたが、日本と新羅の関係が悪化してからは北路を通れなくなり、渡航が危険な南路をとらざるをえなくなりました。唐僧の鑑真が日本に渡ろうとして何度も失敗したのが南路でした。憶良の時も南路を往復し、無事に帰ってくることができました。

 なお、それまで無位だった憶良は渡唐の功によって正六位下に叙せられ、後に伯耆守(ほうきのかみ)となり、帰京後は聖武皇太子の侍講を拝命しています。大宰府に下ったのはその10年後の726年ごろとされます。遣唐少録になるまでの憶良の前半生は謎に包まれており、出自や経歴は未詳です。憶良と似た名前が百済からの渡来人の名に見えることや、漢籍の影響が著しい歌が多いことなどから、渡来人であるとする説があるものの、定説には至っていません。

 

f:id:yukoyuko1919:20211230060236j:plain