大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

み熊野の浦の浜木綿・・・巻第4-496~499

訓読 >>>

496
み熊野の浦の浜木綿(はまゆふ)百重(ももへ)なす心は思へど直(ただ)に逢はぬかも

497
古(いにしへ)にありけむ人もわがごとか妹(いも)に恋ひつつ寝(い)ねかてずけむ

498
今のみのわざにはあらず古(いにしえ)の人そまさりて音(ね)にさへ泣きし

499
百重(ももへ)にも来(き)しかぬかもと思へかも君が使ひの見れど飽かざらむ

 

要旨 >>>

〈496〉熊野の海辺に群がって生えている浜木綿のように、幾重にも心で恋しても、じかに逢うことのできない恋よ。

〈497〉昔の人たちも私と同じように、妻を恋い続けて寝つけなかったのだろうか。

〈498〉今に限ったことではなく、昔の人だって、私以上に声を張り上げて嗚咽したに違いありません。

〈499〉百回でも繰り返し来てほしいと思っているからか、あなたの使いはいつ見ても見飽きることがありません。

 

鑑賞 >>>

 柿本人麻呂の4連作です。男女の掛け合いになっており、前2首が男の贈歌、後2首が女の答歌です。忍ぶ恋を詠った人麻呂の創作、もしくは古い民謡などが伝承されて人麻呂の歌に入り混ざったのではないかとされます。

 496の「み熊野の浦の浜木綿」は「百重なす」を導く序詞。「み」は接頭語。「熊野」は現在の和歌山県の南部と三重県の一部。「浜木綿」は暖かい地方の海浜の砂地に生じる常緑多年生の草で、この海岸一帯は今でも浜木綿の群生地として有名です。万葉びとはよく紀州を訪れたので、浜木綿の純白の乱れるような花弁を、たいそう珍しく思ったことでしょう。ただし、『万葉集』で浜木綿がうたわれたのは、集中この1首のみです。

 497の「恋ひつつ」は、恋い続けて。国文学者の窪田空穂は、「人麿はものを感じるに、空間的に、感覚として感じるだけにとどまらず、時間的に、永遠の時の流れの上に泛(うか)べて感じる人で、これは多くの歌に現われていることである。この歌もそれであって、恋の苦悩をしている自身を永遠の人生の上に捉えているものである」と評しています。

 499の「来しかぬかも」の「ぬかも」は願望。この歌の調べのたどたどしさや洗練さが欠けているところから、上3首と関連はあるものの、あるいは他人の歌ではないかともみられています。