大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

遣唐使の息子を見送る母の歌・・・巻第9-1790~1791

訓読>>>

1790
秋萩(あきはぎ)を 妻問う鹿(か)こそ 独子(ひとりご)に 子持てりといへ 鹿児(かこ)じもの わが独子の 草枕 旅にし行けば 竹珠(たかだま)を しじに貫(ぬ)き垂(た)り 斎瓮(いはひべ)に 木綿(ゆふ)取り垂(し)でて 斎(いは)ひつつ わが思ふ吾が子 真幸(まさき)くありこそ

1791
旅人の宿りせむ野に霜降らば我(あ)が子(こ)羽(は)ぐくめ天(あめ)の鶴群(たづむら)

 

要旨>>>

〈1790〉秋萩を妻として訪れる鹿は一人の子を持つと言うが、その鹿のように、私にはたった一人しかいない息子が旅立ってしまうので、竹玉を緒いっぱいに通して垂らし、斎瓮に木綿を垂らして、身を清めて神を祭り、案じているわが子よ、どうか無事でいてほしい。

〈1791〉旅人が宿る野に、もし霜が降るなら、どうか我が子を羽で包んでおくれ、天を行く鶴の群れよ。

 

鑑賞>>>

 遣唐使の一行の中の誰かの母親が詠んだ歌ですが、母子ともその名は伝わっていません。一人息子を海外への旅に出さなければならない母親の、不安と切ない気持ちを歌った長歌反歌です。当時の遣唐使の旅は、無事に帰国できるほうが珍しいほどの危険な航海でした。この時の遣唐大使は多治比広成(たじひのひろなり)で、天平5年(733年)4月3日に難波の港を出帆しましたが、この回の船旅も悲惨な結果となり、出発した4隻のうち2隻しか祖国に戻ってこなかったといいます。歌を詠んだ母親の息子は無事だったのでしょうか。

 1790の「草枕」は「旅」の枕詞。「竹珠」は細い竹を輪切りにして装飾に用いた玉のことで、神事に使用したとされます。「斎瓮」は神に献上する酒を盛る器のこと。「羽ぐくむ」はもともとは羽で包んで愛撫する意でしたが、転じて育む、養育するという意味になった言葉です。

 

f:id:yukoyuko1919:20220101005921j:plain