大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

姫百合の知らえぬ恋は・・・巻第8-1500

訓読 >>>

夏の野の茂みに咲ける姫百合(ひめゆり)の知らえぬ恋は苦しきものぞ

 

要旨 >>>

夏の野の繁みににひっそりと咲いている姫百合、それが人に気づいてもらえないように、あの人に知ってもらえない恋は苦しいものです。

 

鑑賞 >>>

 大伴坂上郎女(おおとものさかのうえのいらつめ)の歌で、女の恋歌の代表作といってよい1首です。上3句は「知らえぬ」を導く序詞。「知らえぬ」は、姫百合が人に知られない意と、恋の相手に知ってもらえない意を掛けています。「姫百合」は百合の一種で、鬼百合に比べると茎も花も小さく、夏に朱色または黄色の花が咲きます。小さいながらも、鮮やかに咲く姫百合の姿を恋心の強さに重ねています。

 家持の叔母にあたる大伴坂上郎女は、はじめ穂積皇子の愛人となり、ついで藤原麻呂の愛人に、さらに異母兄の大伴宿奈麻呂の妻となった、恋多き女性でありました。しかし、二人の娘が生まれた後、郎女は夫に先立たれてしまいます。そして、大宰府にいる異母兄・大伴旅人が妻を亡くしたので、旅人と住むことになりました。その理由としては、旅人の後妻になるためとも、旅人やその子・家持らの世話をし、大伴一族の家刀自(いえとじ)として家政を取り仕切るためとも言われています。

 郎女は、20数年の間に、長歌6首、短歌77首、旋頭歌1首を残しており、『万葉集』の女性歌人としては最も歌の数が多く、題材も、恋歌のみならず、神歌、挽歌など多岐にわたっています。