大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

藤原宮の労役に従事した民の作った歌・・・巻第1-50

訓読 >>>

やすみしし 我(わ)が大君(おほきみ) 高(たか)照らす 日の皇子(みこ) あらたへの 藤原が上(うへ)に 食(を)す国を 見(め)したまはむと みあらかは 高知らさむと 神(かむ)ながら 思ほすなへに 天地(あめつち)も 依りてあれこそ 石走(いはばし)る 近江(あふみ)の国の 衣手(ころもで)の 田上山(たなかみやま)の 真木(まき)さく 檜(ひ)のつまでを もののふの 八十宇治川(やそうぢがは)に 玉藻なす 浮かべ流せれ そを取ると 騒(さわ)く御民(みたみ)も 家忘れ 身もたな知らず 鴨(かも)じもの 水に浮き居(ゐ)て 我(わ)が作る 日の御門(みかど)に 知らぬ国 よし巨勢道(こせぢ)より 我(わ)が国は 常世(とこよ)にならむ 図(あや)負(お)へる くすしき亀も 新代(あらたよ)と 泉の川に 持ち越せる 真木のつまでを 百(もも)足らず 筏(いかだ)に作り のぼすらむ いそはく見れば 神(かむ)からにあらし

 

要旨 >>>

 天下を支配される我が大君、高く天上を照らしたまう日の御子が、ここ藤原の地で、国じゅうをお治めになろうと、宮殿を高々とお造りになろうと、神としてのお考えのままに、天地も神も心服しているからこそ、近江の国の田上山の檜を、宇治川に美しい藻のように浮かべて流し、それを引き取る作業に騒々しく働く民たちは、家のことを忘れ、我が身のことも忘れ、鴨のように水に浮かびながら、我らが造る日の御子の宮殿に、平服しない国々も寄しこせという、その巨勢の方から、我が国は常世になるだろうというめでたい模様のある神秘的な亀も、新しい時代を祝福して出ずるという泉川に持ち運んだ檜を筏に組み、川を遡らせているのだろう。人々が争うように精を出しているのを見ると、これはまさに大君の神慮のままであるらしい。

 

鑑賞 >>>

持統7年(693年)8月ころの詠とみられ、実際の作者は官人だろうとされます。「やすみしし」「高照らす」「あらたへの」は、それぞれ「我が大君」「日」「藤原」の枕詞。「みあらか」は「御在ら処」で貴人の居所、宮殿。「石走る」「衣手の」は「近江」「田上」の枕詞。「田上山」は大津市南部、大戸川上流の山。「真木さく」「もののふの」「玉藻なす」は、それぞれ「檜」「八十宇治川」「浮かべ」の枕詞。宇治川は支流が多いので八十宇治といいます。「巨勢」は奈良県御所市古瀬。「くすしき」は神秘的な。「泉の川」は木津川。「いそはく」は、競って励むこと。

 この歌から、近江の国の田上山で伐採した木材を筏に組み、琵琶湖から宇治川巨椋池、木津川という経路で運搬し、さらに陸路で藤原宮の建設現場まで届けたという、当時の水上交通の事情が分かります。

 新しい都城の造営は天武天皇の遺志であり、持統天皇が藤原を宮城の地に選んだのは4年(690年)10月とされ、太政大臣高市皇子が当地を視察しています。以後4年2か月の歳月を費やして新都は完成しましたが、その過程で、持統天皇みずからもしばしば藤原へ行幸しています。