大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

山上憶良の貧窮問答歌・・・巻第5-892~893

訓読 >>>

892
風まじり 雨降る夜の 雨まじり 雪降る夜は 術(すべ)もなく 寒くしあれば 堅塩(かたしほ)を 取りつづしろひ 糟湯酒(かすゆざけ) うちすすろひて 咳(しはぶ)かひ 鼻びしびしに しかとあらね 髭(ひげ)かき撫でて 我(あれ)を除(お)きて 人は在らじと 誇ろへど 寒くしあれば 麻衾(あさぶすま) 引き被(かがふ)り 布肩衣(ぬのかたぎぬ) 有りのことごと 服襲(きそ)へども 寒き夜すらを 我(われ)よりも 貧しき人の 父母は 飢ゑ寒(こ)ゆらむ 妻子(めこ)どもは 乞(こ)ひて泣くらむ この時は 如何にしつつか 汝(な)が世は渡る

天地(あめつち)は 広しといへど 吾(あ)が為は 狭(さ)くやなりぬる 日月(ひつき)は 明(あか)しといへど 吾が為は 照りや給はぬ 人皆か 吾のみや然る わくらばに 人とはあるを 人並に 吾(あれ)も作るを 綿も無き 布肩衣の 海松(みる)の如(ごと) わわけさがれる 襤褄(かかふ)のみ 肩にうち懸け 伏盧(ふせいほ)の 曲盧(まげいほ)の内に 直土(ひたつち)に 藁(わら)解き敷きて 父母は 枕の方に 妻子どもは 足(あと)の方に 囲み居て 憂へさまよひ 竈(かまど)には 火気(ほけ)ふき立てず 甑(こしき)には 蜘蛛(くも)の巣かきて 飯(いひ)炊(かし)く 事も忘れて ぬえ鳥の のど吟(よ)ひ居るに いとのきて 短き物を 端(はし)きると 云へるが如く 楚(しもと)取る 里長(さとをさ)が声は 寝屋戸(ねやど)まで 来立ち呼ばひぬ 斯(か)くばかり 術無きものか 世間(よのなか)の道

893
世のなかを憂しとやさしと思へども飛び立ちかねつ鳥にしあらねば

 

要旨 >>>

〈892〉風まじりの雨が降る夜、雨まじりの雪が降る夜は、どうしようもなく寒くてたまらず、粗塩を少しずつかじりながら糟湯酒をすすったりして、絶え間なく咳き込み、鼻汁をびしびしすすり上げ、大してありもしない髪を撫でては、私のように立派な人間はいないと誇ってみるけれども、やはり寒くて仕方がない、それで麻の夜具を引っかぶり、布の肩衣をあるだけ重ね着しているのだが、それでも寒い夜を、私より貧しい人たちの父や母はさぞ飢えて凍えていることだろう。妻や子は腹をすかして泣いているだろう。こんなとき、あなたたちはどのようにして世を渡っていくのか。

 天地は広いというが、私のためには狭くなっているのか。太陽や月は明るいというが、私のためには照ってくださらないのか。世の中が皆そうなのか、私だけそうなのか。幸いに人と生まれたのに、人並みに耕作して働いているのに、綿も入っていない布の肩衣の、まるで海松のように裂けて破れて垂れ下がった襤褸(ぼろ)のみを肩にかけ、掘っ立て小屋で傾きかけた中に、地面に直接わらを敷き、父や母は上の方に、妻子は下の方に、身を寄せ合って嘆き悲しみ、かまどには火の気を立てることもなく、こしきにはくもの巣がかかり、飯を炊くことなどすっかり忘れて、ぬえ鳥のように弱々しく鳴いているのに、「短い物の端をさらに切り詰める」という言葉のように、鞭(むち)を持った里長の声は、寝床にまでやって来てはわめき立てる。これほどにどうしようもないものなのか、世の中を生きていくということは。

〈893〉この世を辛く身も痩せ細るような所と思うけれども、この世から飛び立つことはできない、鳥ではないから。

 

鑑賞 >>>

 貧窮にあえぐ者が問答した形に作った歌で、893は、長歌892の反歌天平3年(731年)に山上憶良筑前守の任務を終えて帰京後の、第一作(732年)とされます。作者自身の生活が歌に詠まれたわけではなく、国守時代の見聞が参考になっているようです。末尾に「山上憶良頓首謹上」とあり、為政者の有力者への献歌であることがわかりますが、この時、大伴旅人はすでに亡くなっていましたから、その相手が誰かは知られていません。

 なお一方、中国の初唐時代に活躍した詩人・王梵志(ワンファンジー:生没年未詳)の作に「貧窮田舎漢」という、よく似た内容の詩があり、憶良の歌はこれを題材にして作ったのではないかとする見方があります。702年に憶良は遣唐使として唐に渡りましたが、この折に王梵志の詩に接したのかもしれません。

 長歌の前半は、貧しいながらも何とか矜持を持ち、生活を保てている男(下級官吏あたりか、あるいは憶良の無位時代の自画像か)の問いかけで、後半ではどん底の貧窮にあえいでいる農民の男が、悲痛と疑問を訴えています。貧者とさらに貧しい極貧者が「貧窮についての問答」を交わすという、古典に類例のない作品となっています。最後に登場する「里長」とは、律令制化で50戸を1里とした最小単位の行政区画の長のことで、郡司の監督下で里内の統制・徴税にあたり、自らの庸・雑徭(ぞうよう)は免ぜられていました。

 反歌長歌の後半の男に属したもので、「憂し」は、辛いと思い。「やさし」は「痩す」と同根の語で、周囲の視線に身も細る思いがするという意。自分の身の上や行いを反省して深く恥じ入る「慚愧(ざんき)」という仏教用語につながり、地を這うようにして生きなければならない我が身を嘆いています。

 憶良は、農民の窮状を、中央の心ある高官に訴えたいと考えていたのでしょうか。残念ながら「貧窮問答歌」が中央政治の場で参考にされた気配はなく、憶良はこの翌年に世を去ります。ただ、和銅3年(710年)の平城遷都以後、新都建設のための課役に疲れた農民が、先祖代々の土地を捨てて逃亡する事態が続出し、大きな社会問題となりました。これを憂慮した元明天皇は多くの詔勅を出し、農民にはふだんから糸・綿・布を蓄えること、また地方官には善政を敷くことを命じました。さらに、飢えや寒さで死亡した者を出した国司・郡司の勤務評定は、上中下の三段階の「下等」とされるようになりました。