大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

東歌(2)・・・巻第14-3350~3351

訓読 >>>

3350
筑波嶺(つくはね)の新桑繭(にひぐはまよ)の衣(きぬ)はあれど君が御衣(みけし)しあやに着欲(きほ)しも

3351
筑波嶺に雪かも降らる否(いな)をかも愛(かな)しき児(こ)ろが布(にの)乾(ほ)さるかも

 

要旨 >>>

〈3350〉筑波山の新桑で飼った繭でつくった着物もいいけれど、やっぱりあなたのお召し物を無性に着てみたい。

〈3351〉筑波山に雪が降っているのだろうか いや、違うかな。いとしいあの娘(こ)が洗った布を乾かしているのかな。

 

鑑賞 >>>

 常陸の国(茨城県)の歌で、3350が女の歌、3351が男の歌です。「筑波嶺」は筑波山。「新桑繭」というのは桑の新葉を与えて育てた蚕の繭のこと。「布」を「にの」と言っているのは東国の方言だったようです。

 3350は、桑の新芽を摘みながら娘が歌った恋の歌でしょうか。この時代、身に着けているものには魂が宿っているとされ、また、恋人同士が衣を交換したりして、次にまた逢うためのおまじないとしていました。

 3351について斎藤茂吉は、「かも」という序詞を3つも繰り返して調子を取り、流動性進行性の声調を形成しているので、一種の快感をもって労働とともにうたうことのできる性質のものであるといい、この歌はなかなか愛すべきもので、東歌の中でも優れている、と評しています。

 

f:id:yukoyuko1919:20220114052702j:plain

 

巻第14と東歌について

 巻第14は「東国(あづまのくに)」で詠まれた作者名不詳の歌が収められており、巻第13の長歌集と対をなしています。国名のわかる歌とわからない歌に大別し、それぞれを部立ごとに分類しています。当時の都びとが考えていた東国とは、おおよそ富士川信濃川を結んだ以東、すなわち、遠江駿河・伊豆・相模・武蔵・上総・下総・常陸信濃・上野・下野・陸奥の国々をさしています。『万葉集』に収録された東歌には作者名のある歌は一つもなく、また多くの東国の方言や訛りが含まれています。

 もっともこれらの歌は東国の民衆の生の声と見ることには疑問が持たれており、すべての歌が完全な短歌形式(五七五七七)であり、音仮名表記で整理されたあとが窺えることや、方言が実態を直接に反映していないとみられることなどから、中央側が何らかの手を加えて収録したものと見られています。また、東歌を集めた巻第14があえて独立しているのも、朝廷の威力が東国にまで及んでいることを示すためだったとされます。