大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

天の川霧立ちわたる・・・巻第10-2067~2069

訓読 >>>

2067
天(あま)の川(がは)渡り瀬(ぜ)深み舟(ふね)浮(う)けて漕(こ)ぎ来る君が楫(かぢ)の音(おと)聞こゆ

2068
天(あま)の原(はら)振り放(さ)け見れば天(あま)の川(がは)霧(きり)立ちわたる君は来(き)ぬらし

2069
天(あま)の川(がは)瀬ごとに幣(ぬさ)をたてまつる心は君を幸(さき)く来ませと

 

要旨 >>>

〈2067〉天の川の渡し場の瀬が深いので、舟を浮かべて漕いでくるあの方の櫓の音が聞こえる。

〈2068〉空を振り仰いでみると、天の川に霧が立ちこめている、あの方の舟が来たらしい。

〈2069〉天の川の瀬ごとに神にお供えするのは、あなたがご無事にいらっしゃるようにと祈る思いからです。

 

鑑賞 >>>

 七夕の歌。いずれも織女の立場から詠っています。旧暦7月7日に行われていた七夕の行事は、明治の改暦により新暦(現在の暦)の7月7日に行うのが一般的となりました。 旧暦の七夕の日は、現在の七夕よりも約1ヶ月遅く、8月20日ごろとされます。

 2068の「霧立ちわたる」は、牽牛が漕ぐ舟の立てる水煙としていっています。2069の「幣」は、神に祈るときに捧げるもの。