大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

行路死人への鎮魂歌・・・巻第9-1800

訓読 >>>

小垣内(をかきつ)の 麻(あさ)を引き干し 妹(いも)なねが 作り着せけむ 白栲(しろたへ)の 紐(ひも)をも解かず 一重(ひとへ)結(ゆ)ふ 帯(おび)を三重(みへ)結ひ 苦しきに 仕へ奉(まつ)りて 今だにも 国に罷(まか)りて 父母(ちちはは)も 妻をも見むと 思ひつつ 行きけむ君は 鶏(とり)が鳴く 東(あづま)の国の 畏(かしこ)きや 神の御坂(みさか)に 和妙(にきたへ)の 衣(ころも)寒らに ぬばたまの 髪は乱れて 国問へど 国をも告(の)らず 家(いへ)問へど 家をも言はず ますらをの 行きのまにまに ここに臥(こ)やせる

 

要旨 >>>

垣の内の庭の麻を引いては干し、妻が作って着せたのであろう白い服、その紐も解かぬまま、一重の帯が今では三重に巻けるほど痩せ細ってしまった身。辛さに耐えて、大君に仕え奉ってきた任務が終わり、いっときも早く、国に帰って父母に会い、妻にも逢おうと帰路についたであろう君。遠い東の国の恐れ多い神の峠にさしかかって、やわらかな着物も寒々として、髪はばらばらに乱れたまま。国はどこかと尋ねても答えず、家はどこかと聞いても答えない。その士たる君は、今ここに行き倒れになって横たわっている。

 

鑑賞 >>>

 題詞に「足柄の坂を過るに、死人(しにひと)を見て作る」とあり、行路死人、すなわち行き倒れて亡くなった人に対する鎮魂歌です。この時代、地方から上京し横死者となる人々が少なくなかったようです。これは律令国家の闇ともいうべき状況で、大きな社会問題とされ、元明天皇は、和銅5年(712年)に旅に難渋する人々への救済を命じる詔を下しています。

 作者の田辺福麿(たなべのさきまろ)は『万葉集』末期の官吏で、天平 20年 (748年) に橘諸兄の使いとして越中国におもむき、国守の大伴家持らと遊宴し作歌しています。そのほか恭仁京難波京を往来しての作歌や、東国での作もあります。柿本人麻呂山部赤人の流れを継承するいわゆる「宮廷歌人」的な立場にあったかとされていますが、橘諸兄の勢力退潮と呼応するかのように福麻呂の宮廷歌は見られなくなっています。 

 「足柄の坂」は駿河と相模の国境の箱根山の北の峠。「鶏が鳴く」「ぬばたまの」は、それぞれ「東」「髪」の枕詞。

 

f:id:yukoyuko1919:20220114072516j:plain