大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

笑みみ怒りみ紐解く・・・巻第11-2627

訓読 >>>

はねかづら今する妹(いも)がうら若み笑(ゑ)みみ怒(いか)りみ付けし紐(ひも)解く

 

要旨 >>>

はねかづらを新しく着けた娘は、初々しく、はにかんだりじれたりしながら、身につけた紐を解いていくよ。

 

鑑賞 >>>

 新婚初夜の儀式のはねかづらをつけた娘が、初々しく顔を朱に染めながら、馴れない下紐を苦労して解いている姿を詠っています。「はねかづら」は年ごろの娘がつける髪飾りのことですが、どんな材料や形だったのかはよく分かっていません。髪にさし、神女へと変身するためのものだったともいわれています。

 それにしても、歌われているのは、なかなかいい光景です。新妻の色っぽさと共に、ドキドキしながらも、紐を解いていくようすをじっと見つめる夫の姿が目に浮かびます。しかしながら、こうした幸せそうな新婚の歌に接するとき、図らずも齢を重ね、長らく夫婦生活を経てきた身としては、ふと、アーサー・ゴッドフリーの言葉が脳裏をよぎるんです。

「結婚するとき、私は女房を食べてしまいたいほど可愛いと思った。今考えると、あのとき食べておけばよかった」

 

f:id:yukoyuko1919:20220207050207j:plain