大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

年下の男・・・巻第12-2925~2926

訓読 >>>

2925
みどり子のためこそ乳母(おも)は求むと言へ乳(ち)飲めや君が乳母(おも)求むらむ

2926
悔しくも老いにけるかも我が背子が求むる乳母(おも)に行かましものを

 

要旨 >>>

〈2925〉幼い子に乳をあたえるために乳母を求めるといいます。なのに、あなたは乳を飲むような幼児なのでしょうか。そうではないのに、私を乳母として求められるのですか。

〈2926〉残念なことに私はもう老いてしまいました。もっと若ければあなたの求める乳母として参りますのに、それもできません。

 

鑑賞 >>>

 年下の男の求愛を受けた女の歌です。年下といっても、親子ほど年が離れていたらしく、ひょっとして、男は「あなたのおっぱいが飲みたい」とでも言ったのでしょうか。女は「乳母」と言って、はぐらかしながら男の求めを断っていますが、一方では女としての嬉しさが滲み出ているようでもあります。「みどり子」は3歳くらいまでの幼児のこと。

 

f:id:yukoyuko1919:20220125160340j:plain