大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

大伴宿祢と巨勢郎女の歌・・・巻第2-101~102

訓読 >>>

101
玉葛(たまかづら)実ならぬ木にはちはやぶる神ぞつくといふならぬ木ごとに

102
玉葛(たまかづら)花のみ咲きてならずあるは誰(た)が恋にあらめ我(あ)は恋ひ思(も)ふを

 

要旨 >>>

〈101〉玉葛のように実の成らない木には神が取り憑くといいます。実の成らない木ごとに。

〈102〉玉葛のように花だけが咲いて実が成らないというのは、誰の恋のことでしょう。私は恋い慕っていますのに。

 

鑑賞 >>>

 101は、「大伴宿祢(おほとものすくね)、巨勢郎女(こせのいらつめ)を娉(よば)ふ時」、つまり結婚しようと言い寄った時の歌です。102は、巨勢郎女が答えて贈った歌です。
 
 101の「玉葛」の「玉」は美称、「葛」はつる草で、「実」に掛かる枕詞。雌木は実をつけ、雄木は花だけが咲きます。「実ならぬ木」は、靡こうとしない女の譬え。「ちはやぶる」は荒々しい、たけだけしい意で、荒々しい神ということから「神」に掛かる枕詞。宿祢の求婚に、言葉では優しく応じながら、実際になかなか相逢おうとしない郎女に対し、当時の言い伝えを持ち出して威嚇し、自分に靡くように誘いかけています。

 102の「玉葛」は「花」の枕詞。「ならずあるは」は、相手に誠意のないことの譬え。なお「我は恋ひ思ふを」は原文では「吾孤悲念乎」となっており、「恋」は「孤悲」と表記されています。『万葉集』では多くが正訓の「恋」の文字で記されていますが、なかには「孤悲」の音仮名も使われています。あえて「孤独の悲しみ」の意味を重ねて表現しようとしたのでしょうか。
 
 大伴宿祢は、諱(いみな)を安麻呂(やすまろ)といい、右大臣・長徳(ながとこ)の第6子、旅人田主宿奈麻呂坂上郎女らの父にあたります。672年の壬申の乱では、叔父の馬来田(まぐた)、吹負(ふけい)や兄の御行(みゆき)とともに天武側について従軍して功をあげました。天武政権になって後は功臣として重んぜられ、新都のための適地を調査したり、新羅の使者接待のため筑紫に派遣されたりしました。和銅7年(714年)5月に死去した時は、大納言兼大将軍・正三位の地位にあり、佐保に居宅があったため、「佐保大納言卿」と呼ばれました。

 巨勢郎女は、近江朝の大納言巨勢臣人の娘で、安麻呂の妻となり、後に田主を生み、また旅人の母であるともいわれます。『万葉集』にはこの1首のみです。