大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

梅花の歌(1)・・・巻第5-815

訓読 >>>

正月(むつき)立ち春の来らばかくしこそ梅を招きつつ楽しきを経(へ)め

 

要旨 >>>

正月になり、新春を迎えたら、こうやって梅を見ながら楽しい一日を過ごしましょう。

 

鑑賞 >>>

 この歌は、大伴旅人の邸宅での宴で詠まれた「梅の歌」32首の最初の歌で、大弐紀卿(だいにきのまえつきみ)の作です。大宰府次官の紀男人(きのおひと)とされ、賓客の中では最高位の人です。この歌のあとに出席者全員による歌が1首ずつ並んでいます。

 そして、冒頭の序文には次のようにあります。「天平二年正月十三日に太宰府の帥(そち)・大伴旅人の邸宅で宴を催した。天気がよく、風も和らぎ、梅は白く色づき蘭が香っている。嶺には雲がかかり、松は霞がかかったように見え、山には霧がたちこめ、鳥は霧に迷っている。庭には蝶が舞い、空には雁が帰ってゆく。空を屋根にし、地を座敷にして膝を突き合わせ、酒を酌み交わす。楽しさに言葉も忘れ、着物をゆるめてくつろぎ、好きなように過ごす。梅を詠んで情のありさまを記そう」

 中国からもたらされた梅の花は当時の日本ではまだ珍しかったこともあり、このような話になったのだと思われます。なお、この訓読文の冒頭は、「天平二年の正月の十三日に、帥老(そちらう)の宅に萃(あつ)まりて、宴会(うたげ)を申(の)ぶ。時に、初春の令月(れいげつ)にして、気 淑(よ)く風 和(やはら)ぐ」となっており、ここから年号の「令和」が引用されました。この序文の作者が誰かについては諸説ありますが、山上憶良または大伴旅人であるというのが有力です。

 ただし、興覚めな話のようで恐縮ですが、これらの歌が詠まれた正月13日(2月8日」に大宰府辺りの梅が満開だった、または花の散る様子が見られた可能性は低いため、咲いている梅を想像して詠んだものか、あるいはこの宴そのものが虚構ではないかと見る向きもあるようです。梅を愛でる歌が並ぶなか、旅人の同族だった百代は、「梅の花が散るというのは何処のことか。この城の山には雪があとからあとから降ってくる」という意味の歌を詠んでいます。

 

f:id:yukoyuko1919:20220105062016j:plain