大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

遣新羅使人の歌(5)・・・巻第15-3589~3590

訓読 >>>

3589
夕(ゆふ)さればひぐらし来(き)鳴く生駒山(いこまやま)越えてぞ我(あ)が来る妹(いも)が目を欲(ほ)り

3590
妹(いも)に逢はずあらばすべなみ岩根(いはね)踏む生駒(いこま)の山を越えてぞ我(あ)が来る

 

要旨 >>>

〈3589〉夕方になるとひぐらしがやって来て鳴く生駒山を越え、私はやってきた。妻の顔が見たくて。

〈3590〉妻に逢わないでいるとどうにもやるせなくて、険しい生駒の山を越え、私は妻のもとにやって来たのだ。

 

鑑賞 >>>

 使節は奈良を出発してから難波津(なにわつ)へ向かい、そこから船で新羅国へ旅立ちました。ただし、海上の天候などによっては、難波津でしばらく足止めされることもありました。ここの歌は、そんな出航待ちをしている合間を縫い、妻に逢うために奈良に帰った時の歌です。3589の左注に、秦間満(はたのはしまろ)の歌とあり、渡来系の人とされますが、伝未詳です。

 3589の「夕されば」は夕方になると。「生駒山」は、奈良県生駒市大阪府東大阪市の県境にある山。「目を欲り」は、逢いたくて。3590の「すべなみ」は、どうしようもなく辛いので。「石根踏む」の「石根」は岩で、生駒山が険しいことの形容。

 当時の奈良・難波間の交通路は、生駒山脈南部の龍田山(たつたやま)を越える「龍田越え」の道が多く利用され、生駒山を越える道は急峻ながら、最短ルートとして使われていたようです。夕暮れの生駒山を越えて行くというのは、少しでも早く愛する妻に逢いたかったためでしょう。