大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

為むすべのたづきを知らに・・・巻第13-3274~3275

訓読 >>>

3274
為(せ)むすべの たづきを知らに 岩が根の こごしき道を 岩床(いはとこ)の 根延(ねば)へる門(かど)を 朝(あした)には 出(い)で居(ゐ)て嘆き 夕(ゆふへ)には 入り居て偲(しの)ひ 白たへの 我(わ)が衣手(ころもで)を 折り返し ひとりし寝(ぬ)れば ぬばたまの 黒髪(くろかみ)敷きて 人の寝(ぬ)る 味寐(うまい)は寝(ね)ずて 大船(おほぶね)の ゆくらゆくらに 思ひつつ 我(わ)が寝(ぬ)る夜(よ)らを 数(よ)みもあへむかも

3275
ひとり寝(ぬ)る夜(よ)を数へむと思へども恋の繁(しげ)きに心どもなし

 

要旨 >>>

〈3274〉どうしてよいのか、取っ掛かりも分からず、岩のごつごつした道なのに、どっしりした岩床のような門口なのに、朝にはその道に佇んで嘆き、夕方には門の中に籠って偲び、着物の袖を折り返してひとり寝るばかりで、折り返した袖に黒髪を敷いて人様のように楽しく共寝をすることもなく、ゆらゆら揺れる大船のように、あれやこれやと思いつつ独り寝る夜は、とても数え切れるものでない。

〈3275〉独り寝の夜を数えようと思うけれど、恋の苦しさに、とてもそんな気になれない。

 

鑑賞 >>>

 長く続く独り寝を嘆く女の歌。3274の「すべのたづき」は、頼るべき手段。「岩が根」は、大きな岩。「こごしき」は、ごつごつして険しい。「岩床」は、岩の平らな面。「白たへの」「ぬばたまの」「大船の」は、それぞれ「衣」「黒髪」「ゆくらゆくら」の枕詞。「味寐」は、共寝をし心が満たされて寝ること。「数みもあへむかも」は、数えあげることができるだろうか、できない。「かも」は、反語。

 反歌の3275は、長歌の結句「数みもあへむかも」を受けて、さらに強めて繰り返しています。「心ど」は、気力、心の張り。