大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

百足らず山田の道を・・・巻第13-3276~3277

訓読 >>>

3276
百(もも)足らず 山田(やまだ)の道を 波雲(なみくも)の 愛(うつく)し妻(づま)と 語らはず 別れし来れば 早川の 行きも知らず 衣手(ころもで)の 帰りも知らず 馬(うま)じもの 立ちてつまづき 為(せ)むすべの たづきを知らに もののふの 八十(やそ)の心を 天地(あめつち)に 思ひ足(た)らはし 魂(たま)合はば 君来ますやと 我(わ)が嘆く 八尺(やさか)の嘆き 玉桙(たまほこ)の 道来る人の 立ち留(と)まり 何かと問はば 答へやる たづきを知らに さ丹(に)つらふ 君が名言はば 色に出でて 人知りぬべみ あしひきの 山より出づる 月待つと 人には言ひて 君待つ我(わ)れを

3277
寐(い)も寝ずに我(あ)が思(おも)ふ君はいづく辺(へ)に今夜(こよひ)誰(たれ)とか待てど来(き)まさぬ

 

要旨 >>>

〈3276〉山田の道を、いとしい妻とろくに睦み合いもせず、別れてはるばるやってきたので、早瀬のようにさっさと行く手も分からず、といって翻る袖のように帰るわけにもいかず、馬の躓くように立ちすくんだまま、どうしてよいか分からない。千々に乱れる思いが天地を漂うばかりに広がって・・・。(ここまで男性の心情)
 そのようにして二人の魂が通じ合えば、あの人はやって来るかと深い溜息をつき、道をやって来る人が立ち止まって、どうしたのかと問われたら、どう答えていいか分からず、さりとてあの人の名を口にしたら、思いが顔に出て人に知れてしまう。山から出る月を待ってるとその人には答えて、あなたをお待ちしている私です。(後半は女性の心情)。

〈3277〉寝るに寝られずに私が思い続けているあの人は、いったいどのあたりで、今夜は誰かと逢っているだろう。いくら待ってもいらっしゃらない。

 

鑑賞 >>>

 3276の前半は旅立つ男の心情が歌われ、後半は男を待つ女の心情が歌われています。しかし、夫が旅に出て、妻は夫の妻問いを待つというのはやや整合性に欠けるため、別々の歌をつなぎ合せたものであるとか、酒席で演ぜられた歌劇の歌詞だったのではないかともいわれています。「百足らず」「波雲の」「早川の」「衣手の」「もののふの」「玉鉾の」「さ丹つらふ」「あしひきの」はいずれも枕詞。「山田の道」は、奈良県明日香村飛鳥から桜井市山田を経て桜井市阿部へ行く道。「八尺の嘆き」は、長い溜息。「色に出でて」は、思いがそぶりに表れて。3277は女性の歌です。