大和の国のこころ、万葉のこころ

不肖私がこよなく愛する『万葉集』の鑑賞blogです。

鞆の浦・・・巻第7-1182~1183

訓読 >>>

1182
海人(あま)小舟(をぶね)帆(ほ)かも張れると見るまでに鞆(とも)の浦廻(うらみ)に浪立てり見ゆ

1183
ま幸(さき)くてまた還(かへ)り見む丈夫(ますらを)の手に巻き持たる鞆(とも)の浦廻(うらみ)を

 

要旨 >>>

〈1182〉漁師の小舟が帆を張っていると見えるほど、鞆の浦に波が立っているのが見えるよ。

〈1183〉無事に帰ってきてまた見よう、立派な男子が弓を射るとき手に巻いて持つ鞆、その名のとおりの鞆の浦よ。

 

鑑賞 >>>

 「覊旅」の歌、すなわち旅情を詠んだ歌です。「鞆」は、現在の広島県福山市鞆町で、かつては瀬戸内海航路の要港で、潮待ちの港として栄えました。当時の山陽道は海岸から十数キロ離れたところを通っていましたから、これらの歌は海上から見た景色を詠んだとみられます。現在は、沿岸部と沖の島々一帯が「鞆公園」として国の名勝および国立公園に指定されています。

 

f:id:yukoyuko1919:20220108054429j:plain